書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

コメントについて

コメント返信


なんでそんな負けてるのに続けられるの❔ボンボンなの?


10月9日7時41分 日本のほんださん

コメント非公開記事に疑問文のコメントを頂戴したので、お答えします。

昨日今日はじめたわけじゃないからです。
それと、調子がよいとは言えないですが、負けてはないですよ。ご心配ありがとうございます。

書くこと、賭けること 寿 

祝! 「書くこと、賭けること」1000記事記念!


にほんブログ村 スロットブログへ

※うは。嬉しいのとめでたいのでこの記事をしばらくトップに置いておきます。どうぞお気軽にお立ち寄りください。続きを読む

ヒキ弱を嘆く前にすること

IMG_3100

4月24日にアップした「ぶっちゃけ日常会話ってオカルトばっかだよね」という記事にコメントをいただきました。

私もオカルト拒絶派ではあるが、雨男は存在すると思う。


人生の大事な日。それは一生に数回しかない。
その数回が、雨に祟られてばかりの人間は実在する。


それはオカルトでもなんでもない、当人が雨を降らすわけでもない。

ただ単に、「少ない試行の偏り」によりたまたま大事なイベントで
雨が降るという事実が偏ったということ。


これを某氏は星めぐりという表現をされていた。

人間が何万年も生きて「大事なイベント」を何千回と
こなせば、ある程度大事なイベントで雨が降る確率は
皆均一になるであろう。


しかし人生は短い。

「偏り」が産む星めぐり、「雨男」は存在すると考える。

依存性廃人シンゲンさんより
 
続きを読む

なぜ、スロットを打つのか?

IMG_8715

はい。今日もみなさんの心の隙間を埋めますよん(ほーっほっほっほ)のコーナー行きます。不評だったら即やめます。よろしくお願いします。

第三百七十六話「ストーリーバトルで死してこの世に生れ落ちた天膳さんにぶっ飛ばされるも、QSループでルンルンルン♪」でいただいた、こちらのコメント。

こんばんは。 

記事のリクエストです! 

近隣のホールの状況が壊滅的なとき 
(今まで旧イベ日設定の入ってた店に設定が入らなくなった、一般客離れが進んで台が回らずハイエナのしようがなくなった等々) 
稼働ができないような状態で困ってます( ̄▽ ̄;) 
寿さん的「ホールの状況が悪くなった時の心得帳」のようなもの、記事で書いていただけたら嬉しいです! 
寿さんの経験談なんかも。 

けいさんより

続きを読む

質問に答えます! というブログ記事

IMG_8440

断言しよう。最も作業効率の良いブログ記事の書き方は「読者の質問に答える」というものだ。もちろん答え方には技術やセンスが必要だろうし、そもそもブログに一定数の読者がいないと意味を成さないのは言うまでもないけれど、
1、パチ屋に行く。
2、スロットを打つ。
3、シャメを撮る。
4、家に帰ってブログ記事を書く。
みたいに下手したら10時間とか15時間とかかかってしまう記事の書き方よりも、効率がいいことは間違いない。
続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で20年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: