書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

スロ小説「マ」の下書き(長いです)

小説、再始動

IMG_9652
「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日 俵万智


本作はフィクションであり、実際の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。







ぼくの名前は寿、スロ小説家である。前作を読んでくれてありがとう。

スロット長篇小説「トン、トン、トン」

桜井時生、クリスマスにショウタという少年に出会うこと(あるいは今井翔太、クリスマスにサンタに出会うこと)

すろっと純文学小説

さて、今回ぼくはこの一連の物語を、

「パチ屋のなくなった世界で」

というタイトルでくくることにした。前作「トン、トン、トン」は、「パチ屋のなくなった世界で」という物語の序章ということになる。

……どこから語ればいいのだろう? 頭の中で登場人物たちが自己主張を繰り広げている。が、ぼくは決めた。彼らからこの物語を語り直そう、と。

IMG_6038
参考写真「牙大王」

IMG_6050
参考写真「デビルリバース(後ろ)」

第Ⅱ章「梅松ブラザーズ」

小説を読んでみて、明日も読みたいぞい、と思ってくれた際は、文末に設置されたバナーをクリックしてもらえると嬉しいす。
ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気ブログランキングへ 


続きを読む

連載第二回「こいつにかかわってはいけない」

「物語始まっている途中下車前途無効の切符を持って」 
俵万智 サラダ記念日より


IMG_7892 - コピー


本作はフィクションであり、実際の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

「パチ屋のなくなった世界で」第二章

梅松ブラザーズ

 
続きを読む

連載第三回「『ふぉー』個性派俳優、吼える」

骨でも、肉でもない、心を折ることを考えてた。 神取忍

IMG_8314

本作はフィクションであり、実際の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

「パチ屋のなくなった世界で」第二章

梅松ブラザーズ

 
続きを読む

連載第四回「その師弟は仁王門をくぐり」


IMG_8041

本作はフィクションであり、実際の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

「パチ屋のなくなった世界で」第二章

梅松ブラザーズ

 
続きを読む

連載第五回「おれには何かがある!」


IMG_8058


本作はフィクションであり、実際の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。

「パチ屋のなくなった世界で」第二章

梅松ブラザーズ

 
 続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で19年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: