書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

スロッターの受難

ヒキ弱を嘆く前にすること

IMG_3100

4月24日にアップした「ぶっちゃけ日常会話ってオカルトばっかだよね」という記事にコメントをいただきました。

私もオカルト拒絶派ではあるが、雨男は存在すると思う。


人生の大事な日。それは一生に数回しかない。
その数回が、雨に祟られてばかりの人間は実在する。


それはオカルトでもなんでもない、当人が雨を降らすわけでもない。

ただ単に、「少ない試行の偏り」によりたまたま大事なイベントで
雨が降るという事実が偏ったということ。


これを某氏は星めぐりという表現をされていた。

人間が何万年も生きて「大事なイベント」を何千回と
こなせば、ある程度大事なイベントで雨が降る確率は
皆均一になるであろう。


しかし人生は短い。

「偏り」が産む星めぐり、「雨男」は存在すると考える。

依存性廃人シンゲンさんより
 
続きを読む

第三百八十七話「一年にどれくらいパチ屋に行きますか?」

IMG_6974

唐突だけど、質問。あなたは一年にどれくらいパチ屋に行きますか?

去年で言うと、ぼくはおよそ280日ほどパチ屋にいた。その前年はもう少しいた。ヘビーユーザーであるかどうかは判断できないが、少なくともその日数は週休二日を超えているわけで、たぶんライトユーザーとは言えないと思う。

スロットが本業の場合、勝てなくなったり、あるいは生活が成立しなくなったらやめるしかないのだけど、それ以外ではどうなのだろう。結婚したらやめる、という人も多いだろう。就職を機にやめる人もいるだろう。

人間が何かをやめるとき、その動機はふたつの要因に分かれる。

1、外部的要因

2、内部的要因

タバコの例でいくと、結婚するからとか、彼女ができたからとか、会社の指示でとか、世間体を気にして等々が、1の外部的要因であり、病気や、健康のため、あるいは何らかの戒めのために等々が、2の内部的要因である。もちろんそれらが組み合わさったり、複雑に絡み合うこともあるのだけど、とりあえずそう分けておく。

ぼくがスロットをやめるとしたら、どんなときだろうか?

1、パチンコ屋が消滅する(外部的要因)

2、スロットをするお金がなくなる(内部的要因)

3、2000枚出ても嬉しくなくなる(内部的要因)

4、する時間がない(内部的要因)

できれば内部的要因でやめたいなあ、と思うなあ。

人生とは絶え間ざる外部的要因との折衝である。それでも、行動原理の基本は内部的要因、自己都合であってほしい。自分という存在の不自由を引き受けること。自由ってそういうことだと思うんだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気ブログランキングへ 

第三百八十六話「ぶっちゃけ日常会話ってオカルトばっかだよね」

IMG_1660

晴れ男/女とか雨男/女とか言うじゃない? 寿くんは小さい頃から晴れ男で名を馳せていたけれど(ほぼ自称)、今思えば、アホちゃう、と思う。天候ってさ、雨の日でも一日中雨が降っているわけじゃないし、たまたま雨が降っていないときに外に出て「我コソハ晴レオトコデアル」とかアホちゃう、と思う。だって365日24時間ずっと外にいたら、どんな晴れ男でも必ず雨に遭う。もし本当に晴れ男/女という存在がいたら、生物兵器と同義。その者のいるところ、たちどころに不毛の地と化してしまう。

これは何かに似てるな、と思う。そう、ヒキの話によく似ている。ぼくは晴れ男同様、ことあるごとに「ヒキ」が強い、と吹聴する人間だった。オレ、スゲエ、オレ、カッケー、オレ、サイコー、ポジティブヴァイブスのオレオレ詐欺である。それが役立ったこともある。たとえば賭け事。学生時分の麻雀って、そんなんでも「優位性」になり得るんだよね。だって「リーチ」と言うだけで警戒してくれるんだ。すると必然的に「ロン」あがりが減り、「ツモ」率が上がる。そのサイクルが続くと、あいつマジよく「ツモ」るよな、とか言い出すやつが出る。案外科学的なカラクリなのだけど、存外信憑性を持ってしまうんですよね。

タイミングってのはたしかにある。間の悪い人間というのもいる。でも、それは改善の余地のある問題で、それをヒキだけのせいにしたら進歩がない。

とまあ、ごちゃごちゃゆうてますけど、ぼくだって久々に会った知人と「晴れ男/雨男、晴れ女/雨女」というテーマで話をしたりもする。だってそうしないと、コミュケーションにならないから。

「ほんと~くんって雨男だよね」
「はいはいオカルト乙。ソース出せよソースをよお」
……
IMG_3102

会話終了は困るので、「やっぱ、そういうのってあるよね。持って生まれたものが(迫真)」とぼくは言う。
「そうそう。あのときもそうだったよね」
「うんうん」
というように、会話を展開させていく。しかないよねえ。

スロッターの受難はつづくw

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気ブログランキングへ 


作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で19年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: