書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

本邦初公開! すろっと純文学小説

本邦初公開! すろっと純文学小説 まえがき

仮説と確率のラボラトリー

まえがき


精神と時の部屋での生活1
精神と時の部屋での生活2
精神と時の部屋での生活3
精神と時の部屋での生活4

小説を読んでいただく前に作者があれこれ言うのも何ですが、少しだけ触れさせてください。

「作品の背景について」

本作は2009年頃に書かれた小説です。
今とはパチンコ屋をめぐる状況が異なり、当時は設定狙いがまだまだ主流であり、イベントを転々と回ってしのぐプロも多くいました。
忍魂、交響詩篇エウレカセブン、バジリスク、とその後のスロットのゲーム性を左右するような台が登場。スロット人気再燃の機運の年でもありました。
なお、文中に出てくる「ナンゴク」とは2008年デビューの「南国育ちR2」(平和)のこと、「エヴァ」はこれまた2008年デビューの「約束の時」(ビスティ)です。

「登場人物について」

主人公は女性ですが、ぼくは男性です(何だそれ)。
ともあれ、すべての登場人物は創作であり、実際の人物、団体などとは関わりがありません。

「純文学とは何か?」

純文学という言葉はほとんど死語です。

広辞苑を引いてみると、

1、広義の文学に対して、美的情操に訴える文学、すなわち詩歌・戯曲・小説の類をいう。

2、大衆文学に対して、純粋な芸術を指向する文芸作品、殊に小説。


これは要するに、小説である時点で、純文学でもある、ということです。

この言葉は喫茶店と純喫茶のありかたに似ています。喫茶店はコーヒーを出す時点で喫茶店なわけで、殊更「純喫茶」という冠を掲げる必要がない。何より、今は「カフェ」に統一されつつあります。

コーヒーを出すことに変わりはない。でも、純喫茶のマスターと、カフェのバリスタでは、説得力が違います。
簡単に言えば、そんなダサい名前を好き好んでわざわざ使おうとする人間はいない。費用対効果の観点から、です。

でもぼくはスロッター。世の中をボトムから見上げる存在です。主流とか、時勢とか、ダサいとか、キショイとか、カスとか、うざいとか、そんなことは気にしない(ふりをする)。

というわけで、ぼくは純文学という言葉を再定義したいと思っています。
ポイントは「自意識」です。
「この後とんでもないことが!」という過剰演出があるわけでも、「ドンデン返し」があるわけでも、「殺人事件」や、「超常現象」が起きるわけでもなく、取り扱うのはただただ「自意識」の流れです。

「スロットを中心とした生活の中で、『自意識』はどこで何をしているのか?」

当然、好き嫌いはあると思います。気色が悪い、と一蹴する方もおられるでしょう。ただ、どんな人間も自意識の波をたゆたいながら生活しています。その意味では、純文学は人間存在の根本的な命題を取り扱う、普遍的な表現形態だと思うのです。

本作は、スロットで飯を食うという特異な生活を描いた小説としては、初めての純文学小説であると自負しております。稚拙な表現も多々あるとは思いますが、叱咤激励、批判、悪口、どのような感想も受け止めますので、コメントあるいはメッセージを送っていただければ幸いです。

2014.9.15 寿 


小説1へ 

純文学すろっと小説1

仮説と確率のラボラトリー

IMG_1908 - コピー


まえがき

 キミはまだ、幸運にもパチンコ屋に足を踏み入れていないのだから、それでいいじゃないかとも思うけど、一応説明はしておきたい。

続きを読む

純文学すろっと小説2

仮説と確率のラボラトリー


まえがき

小説1


 御手洗優

 ミタライ、ユウ。私の名前。

 親がくれた、私だけの名前。好きでもないし、嫌いでもない。ただの識別コード。

続きを読む

純文学すろっと小説3

仮説と確率のラボラトリー

DSCN1690 - コピー


まえがき
小説1
小説2


 仮説② 

 「慌てるホームレスは貰いが少ない」



 私の人生にも当然悩みなり何なりがあって、といって、それで一々頭を抱えることはないのだけど、それは降って湧いたように、時折暴れ始める。


続きを読む

純文学すろっと小説4

仮説と確率のラボラトリー

DSC_2678

まえがき
小説1
小説2
小説3


 仮説③

「狭い国土にたくさんの人間。それってけっこう合理的なのかも」



続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で19年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: