書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

酔っ払いのうた

酒と二日酔いと経済の関係

KIMG8939

昨日はたくさん文章を書いたので、気分がよくなってしまった。

せや。体調が治ったら飲もうと思って、夏の楽天セールでせっせと酒を買っていた。そのコレクションから1本を取り出してみる。シャンパーニュと同じ製法でつくられたスペインのスパークリングワイン。CAVA。久々の酒はやーばいくらい美味かった。たちまち1本が泡と消え、今度はバーボンの封を開け、国産の発泡水と合わせてハイボールをつくってクピクピ飲んだ。

気づくと朝の6時半。ひどく気分が悪かった。おまけに、Tシャツ、トランクスという格好で、寒い。飲みすぎたことのざんげをはじめる。すいません。申し訳ありません。誰に? 知らん。痛む頭を抱えながら立ち上がり、水を飲んだ。それから胃薬を流し込む。二日酔いは、水分と薬と時間だけが解決してくれる。ようやく人心地つき、パソコンに向かってこの文章を書き始める。

トーマス・セドラチェックという経済学者は、借金とお酒は似ている、と言った。

金曜の夜にバーに行く。お酒がおいしい。そのときこう思う。自分は歌える。踊れる。口べただがしゃべることができる。お酒からエネルギーをいっぱいもらえる。


でもそれは誤解です、と経済学者は言う。

お酒からエネルギーをもらっているのではなく、翌日の土曜の朝のエネルギーを金曜の夜に移動させているだけ。週末のエネルギーの合計は一定です。借金も同じ。金がなくなると銀行や友人から借りたり、最悪の場合は姑から借りたりします。しかし、実際には、私の未来から現在に金を移しただけです。

朝日新聞デジタルより

30代からの人間の体力と、今の日本の経済状況は、似ている。ような気がする。
二日酔いの頭で考えても、極端な成長は望めそうにない。(ドラゴンボールか、ドラえもん的な超絶イノヴェーションが起きない限り)1950年代60年代のような景気はありえない。領土が拡がることもない。移民を受け入れることもなさそうだ。であれば、喪失を、縮小を、受け入れるしかないのだろう。

たぶん、ぼくは30代後半の男性の小説を書くことによって、モデルを探しているのだと思う。どんなオッサンであればゆるされるのか、あるいは、生きやすいのか、ということについて。

それにしても……。うぷ。
過去の自分から気持ち悪さのプレゼント。おそらく、調子乗りのぼくにはこの時間が必要なのだ。 謙虚にしかなれない鬱状態が。

さあ、頑張ろう。

つづく
にほんブログ村 スロットブログへ       

おれとお酒とおスロット


おれがレバーを叩いても、
フリーズちっともしてくれないが、
出してるあいつはおれみたく、
絆師だとは名乗れない。

おれが酔って騒いでいても、
おれの記憶にゃ残らんが、
酒の酵母はおれみたく
スロ小説は書けません。

おれと、お酒と、スロットと、
みんなちがってみんないい。

寿
KIMG6112

続きを読む

モードC、おそろC

副題「モードCの恐ろしさと性格による期待値の示唆」
KIMG5696
調子どうだい?

最低ー。ということで一般論を語る。

マジメとフマジメでは、マジメのほうが期待値は高い。約束を守る人間と守らない人間でも前者のほうが期待値は高い。そりゃそうだ。マジメじゃない人間が期待値を追ったところで取りこぼすのが関の山である。ただしマジメにはリスクがある。逆境に弱い。脆いのである。

残念ながら、ぼくは脆い側の人間であり、日記を読み返してみる限り(稼動における記憶はほとんど残らない)、2016年がはじまって以来、パチ屋の空気を吸わなかった日はゼロ。皆勤賞。阿呆の称号ゲットである。

で、今朝起きてみると、顔面の半分が痛い。体が重い。起きたくないというよりは、生きていたくない。この感覚は社会から抜け出して以降なかったのもので、ストレス的な何かであり、そういえば、と思い返してみると、近頃バジ2、ではなく、バジ絆を打つのが苦痛である。にもかかわらず、このテーブルは追えるな、とか、やったぜ隣のこぜC空いたぜ、とか、チャンス目4回連続で来た。16億分の1。キタこれ。1日に8000回転回したとして1年で292万ゲーム。このペースで550年ほど毎日スロットを打ち続けてめぐりあえるかどうかというヒキ! まさに神のヒキ。とか何とか言っちゃってるのだが、実際これ言っちゃってる場合じゃない。

これはマジメな人間にとって生死を分ける大問題である。どこかで手を抜かなければいけない。どうやって手を抜くか? 何で抜くか? シモネタなのか? というかその前に、そういうことをつらつらと考えてしまう思考システムに問題があるのだ。

七転八倒しつつ、今日分の小説を書いた後、昼食をとる。それから外に出る。3月。弥生(草木生い茂る季節)とは名ばかりの寒さである。ふらふらと歩きながら思う。昨日の推定テーブルC、BC2スルーはどうなってるだろうか? と。
にほんブログ村 スロットブログへ 
「1日1ポチで寿を文壇へ!」
頼む。 

続きを読む

【後悔処刑】そこの酒飲み、おまえだ寿


酒に向かいまさに歌うべし。人生はどれほどのものか。たとえば、朝露のようなもの。過ぎた日は苦しみばかりだった。怒り、そして、嘆くべきだ。憂いの日々は忘れ難い。どうやって憂いを解くのか。ただ酒があるのみ。

魏の武帝「短歌行」、『文選』より
IMG_9320




続きを読む

博多、早朝、酔った女 【17、Fukuoka】

IMG_9011
天神のパチ屋でバジ絆を打って勝利。その足で飲みに。続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で18年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: