書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

バジリスクとの絆が欲しい

無想一閃中に巨大プッシュボタン出現! 継続率66%以上+真瞳術チャンス=無限大の夢

KIMG2600

インタビュアー的な人が、「一番たいせつなことは何ですか?」みたいな質問をする光景をたびたび目にする。

「大切なことは何か?」
「一番必要な資質とは何か?」
「この作品を通して、あなたが言いたかったことは何ですか?」

この類の質問を受けた人(インタビュイー)の心は、ほとんど例外なくシュンとするように思う。あるいはムッとする。一言で答えられるならば、その行為をしていないからだ。

インタビュアーの言葉には意図がある。あなたのしていることは特別なものだ。だからこそ、一般人にわかる言葉で、自分の行為を語ってほしい。それによって、このプログラムは、または記事は、万人に届くものになるだろう。あなたと同じように特別なものになるでしょう。だから、なるべく感じのいいことを言ってください。空気を読んでください。忖度してください。という押し付けである。ほとんど悪意に近い。

彼、彼女(インタビュアー)を満足させる回答は、以下のごときものであろう。

「~は、私の人生です」
「~とは、愛です」
「~は、私にとってすべてです」

ただ、これでは何も答えていないのと同じだ。

「適切な行為を、適切なタイミングですること。すべては連動した動きのなかにあり、何かひとつを抜き出したところで意味がありません。一番たいせつなことは、一番たいせつなことは何かみたいなことを考えないことだと思います。」

これが正しい解答のように思う。正論は常に嫌われる。ただ、一生懸命生きている人に、あなたの行為の中から、ひとつだけピックアップしてほしい、と要請するデリカシーのなさは、なぜ不問に処されるのだろう?
続きを読む

【瞳術揃いイチカク&追想マックス100ゲーム継続】争忍9話まで行ったらBTは勝ちだ!

KIMG2589
統計によると、あの世を信じる割合が増えているらしい。

1958年 20代 13%
2013年 20代 45%

1958年 30代 14%
2013年 30代 41%

1958年 40代 21%
2013年 40代 48%

1958年 50代 29%
2013年 50代 47%

その差は歴然である。1958年のデータでは、年齢が上がるほど、つまり、死に近接していけばいくほど、信じる割合は高まっていくように見える。が、現代においては、ほとんど横ばいである。世相を反映しているのだろうか? 面白いことに、60歳を超えると、逆転現象が起こる。微差ではあるが、過去を現代が下回るのである。

1958年 60代 39%
2013年 60代 34%

1958年 70代以上 37%
2013年 70代以上 31%

データは統計数理研究所より

ともあれ、40代のおよそ2人に1人があの世を信じているというデータがあることに、四捨五入40歳一味の一員であるぼくは、驚きを隠せなかった。
続きを読む

バジリスク絆にそびえる2000枚の壁。今日こそ越えようぞ!

KIMG2561
先日、体重が増えただとか、ダイエットをせねばとか書いたが、気づくと3キロ減。何事も、最初はしんどいものである。車輪は回るまでが大変なのだ。回り始めてしまえば、後は進むだけ。とはいえ、ガリガリになるのが目的ではない。かくなるうえは、ガツガツ食らい、ガブガブ酒を飲みつつの現状維持を目標に設定したい。stay hungry,stay foolish.
続きを読む

赤墨演出「祝」バジリスク絆、フリーズ確定!

KIMG2558

朝三暮四という言葉がある。

 その昔、宋の国に、ソコウというサル好きのおじいさんがいた。おじいさんの家計が苦しくなった折、泣く泣く、飼っていたサルのエサを減らそうと思い立つ。
「これからは、トチの実を朝3つ、夜4つにする」おじいさんは苦々しげに言った。
 ふぁ? サル達はおじいさんの言葉に、激怒した。
「わかった。わかった」おじいさんは言った。「それでは、朝に4つ、夜に3つということにしよう」
 ……3つではなく、4つか。それならいいか。サルは納得したのである。

人間の精神にも、そういうところがある。いわんや期待値にも。


続きを読む

BC終了後、伊賀ステージ台を打ってみると・・・

IMG_7198 - コピー
傷が線を作る。銅版画家の長谷川潔はそう言った。まっさらな金属の板では、何の傷も浮かばない。傷があるからこそ形が生まれ、命が宿る。傷がない人生は生きているとは言えない、と。

スロットに勝って帰るよりも、負けて帰る自分をプッシュしたい。


続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で19年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: