書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

短期集中連載「役者だった頃」

第五十話「そこは魔窟ぞ(恥さらし最終回)」

IMG_2180
「うさぎの穴に落ちて」アーサー・ラッカー

役者の面白みというのは、ここではないどこか、自分ではない誰かに瞬時になれるところではないか。それは言うなれば、人生の別の可能性に触れる、ということではないか。


でもそれは、役者に限ったことではない、役者としての才能のなさを棚に上げてぼくは思ったのだった。


どうやらぼくは、演技では矯正できない心根の持ち主だった。
なぜかぼくは憤慨していた。やりたいことを探す、という言葉に、そもそも矛盾があるのだ。やりたいことは、もうすでにやっているに決まってるじゃないか。


ぼくの場合、それは文章を書くことだった。

しいて言えば、やりたいのは、スロットだった。


その後、本当に人生すべてを文章に賭けようと決めるまでには、幾つもの挫折をくりかえすことになるのだが、ともかく、そのような自己確認の後、ぼくはパチンコ屋でのアルバイトも、演技も、やめることにしたのだった。


アリスはウサギを追って不思議の国に入る。ぼくは獣を追って芸能界という穴に落ちた。そして、その穴から抜け出たと思いきや、気づくと別の穴に落ちていた。
 

この文章を見ている方の中に、やりたいことがあって、何かの穴に入ろうとお思いの方がおられるかもしれない。

だが、そこは、魔窟ぞ。


……少なくとも、魔窟の可能性大、である。
 

永遠に日の目を見ない、日の光を浴びることができない可能性がある。普通の幸せが手に入らない可能性がある。


それでもぼくはこの穴の中の住人として生き、死んでいこうと思っている。

拙文を読んでくださって感謝します。 

短期集中連載 終 

poti. 寿


にほんブログ村 スロットブログへ banner
人気ブログランキングへ

第四十九話「一日限りのスロッター(恥さらし6)」

IMG_2322

役者生活の中で、一日だけスロットをした日があった。
 

2001年(たしか秋)、日本列島が揺れたネタ。そう、サミーショックである。
 

コピー打法(ウィキペディア)

深夜、ずいぶん会っていなかった以前のスロ仲間から電話があった。「すごいネタがある」興奮を隠し切れない声で彼は言った。「すべての小役が、次のゲームでコピーできるんだ」

「は? それって、単純にコイン持ちが倍になるってこと?」

「倍以上、だな」
「メーカーは?」

「サミー」

「たとえば獣王の完全ハズレも?」と聞いた。やはりサミーといって、出てくるのはまず獣王だった。
「できる」と彼は答えた。

「抽選確率が二倍になるってことか。ボーナスは?」

AT中に持ち越す機種ならいける」

「ハードボイルドだったらボーナスもコピーできるってこと?」

「ああ」

「やばくね?」

「やばい」


翌日、車に乗りこみ、ぼくたちはすべてのフラグがコピーできるという夢の打法を求めて出発したのだった。

続きを読む

第四十八話「乞食と役者は三日やったらやめられないというけれど(恥さらし5)」

IMG_2031
「鍬を持つ男」ジャン=フランソワ・ミレー

その頃、ぼくの経歴はこんな風になっていた。


テレビドラマ、Vシネマ、映画、CM等多数出演(ほとんどエキストラ)

バラエティ番組の名前複数 (やらせ要員)

舞台「怪人百太郎の丸秘事件簿」北別府吾郎役 (すべて仮名)

舞台「ナスビ婦人と黄金色」達川太一郎役 (すべて仮名)


こんな役者、ぼくがスタッフ側だったらいらない。


あまりいい思い出がない役者生活ではあったが、講師に言われたことを、今でも思い出すことがある。


続きを読む

第四十七話「Oくん逃げ出す(恥さらし4)」

IMG_1633

さて、みなさん、真顔で芸能人になりたいと言う人間に会ったことはありますか?

いやあ、それはもう、とてつもなく太い神経の持ち主である。


ただただテレビが好きで、芸能界が好きで好きでしょうがなく、ついでみたいな感じで演技をしようとスクールに入ってくる人物はけっこういた。ぼくはポール・ニューマンになりたかったのだ。彼のしぐさに憧れて、彼のようなかっこいい人間になりたくて、この世界に入ったのだ。当然、話が全然合わなかった。
 

その筆頭がOくんである。

Oくんとは一緒にレッスンを受け、一緒に芸能界最下級戦士の仕事をこなした。ぼくが疲弊しきっているときも、彼は嬉しそうだった。だって芸能人に会えるじゃん、が口癖だった。


そのうちに、Oくんはこんな風に思ったのだろう。おれがしたいのは演技ではなく、芸能界の近くにいることだ、と(たぶん)。

で、彼は早々に役者をあきらめ、マネージャーに転身したのだった(彼曰く、スーツを買ったらなれたらしい)。そしてやっすい給料をもらいながら、「今日はザギンっすか、ギロッポンっすか、テッペン回るっすか?」真顔でそんな発言をするようになった。

おまえ正気か? と思った。
 


続きを読む

第四十六話「ブラック企業もびっくりのお仕事(恥さらし3)」

IMG_2041
「アブサント」エドガー・ドガ

さて、無事スクール的なところにもぐりこみ、役者見習いになったぼくは、レッスンの鬼と化し、スロットをきっぱりやめた。


レッスンは希望専攻別(主に俳優、モデル、歌手)に分かれており、演技(映像)、演技(舞台)、ウォーキング、ボイストレーニング、ジャズダンス、コンテンポラリーダンス、とあり、これらを力尽きるまで受けることにした。


が、そのうちに生活資金に困るようになる。といって、スロットをする時間はない。いや、獣を追って穢れてしまった今の自分では、またぞろAT機打ちてえ病が再発するのが目に見えていた。 獣王に端を発した出玉の加熱は、スロット史上最恐時代の幕を開きつつあったが、ぼくにはやるべきことがあった。

ということで、演技にまつわる仕事をもらうようになる。


芸能関係のお仕事である。

続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で19年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: