書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

書評のようなもの。

スロッターが読んでおくべき小説

IMG_3013

おすすめの小説を教えてよ、みたいなことを言われることが稀にあるのだけど、小説には、「いつ?」「どこで?」「誰が?」「何を?」「なぜ?」「どのように?」という5w1h的な成立条件があるので、 紹介がうまくいくことはほとんどない。

ただ、スロッターが読む、という風に条件を限定すれば、これは面白い、と言える小説はある。


「告白」町田康





主人公は、 後に大量殺人犯として歴史に名を残す男、熊太郎。 なぜ彼はそんなことをするはめになったのか? というのが物語の流れなのだけど、これがまあ、笑わずにはいられない、愛さずにはいられないヒキ弱のオンパレード。友人、仕事、博打、酒、女、人生のありとあらゆる地点で訪れるヒキの弱さ。そう、彼の不幸はヒキの弱さに起因したものなのだ。ぼくはかつて、「ヒキ弱」という病について書かれた、かくも長い書物を読んだことがない。ともかく一読をお勧めする。しかし、電車の中で読むのはお勧めしない。笑って笑って我が身を振り返る。ヒキ弱ファンタジーの金字塔である。


にほんブログ村 スロットブログへ





怖いもの見ちゃった

IMG_1680

ぼくは怖がりなので、ホラーはまず見ない。ジェットコースターにも乗らない。オバケ屋敷にも入らない。驚くのはスロットの欠損だけで充分である。

続きを読む

かぐや姫の物語を見ながら幸せについて考えてみる

IMG_2086

一昨日の金曜ロードショーはジブリ作品でした。ということで、「書くこと、賭けること」恒例、寿、愛するジブリ作品を語るのコーナー。行ってみましょう。
続きを読む

「『風立ちぬ』が自分の物語になる条件」

金曜ロードショーで「風立ちぬ」がやっていましたが、ご覧になりましたか?
ということで、ここからはネタバレしかありません。あしからずご了承ください。
DSC_1822

この映画ほど、評価が二分する宮崎映画はかつてなかったのではないか。ただ、ぼくの意見を言えば、この映画を「良し」とするも、「あかん」とするも、見る人が、「ものをつくる」ということを、どう捉えているかで決まる。そんな気がする。もっと言えば、「自分の物語」であるか、または「そうではない」か。そこが分かれ目である、と思う。

ということで、今日は、なぜ「風立ちぬ」がぼくの物語であるか、ということを書いてみたい。
続きを読む

第二百二十五話「答えなんて外にはねえ。自分の中にしかねえんだよ」


IMG_6945 - コピー

夏休みの宿題的に、「思い出のマーニー」を見ての雑感を、読書感想文程度(原稿用紙3枚)の文字数で語ってみたいと思います。


続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で20年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: