書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

パチ屋百景

心温まるパチ屋の話

KIMG1676


続きを読む

第二百六十七話「その日暮らしスロッターにとっての屈辱」

IMG_1982

屈辱とは何か? というのが今日の議題(ドン)。

続きを読む

第二百四十八話「午後の空想のひと時をジャマするテンパリー男現る」

IMG_7693

先週の話。
パチ屋のトイレの個室にこもり、思考的または思弁的、多分に空想的に午後のひと時を過ごしていたところ。

ドン。ドンドンドン。ドン。ドンドンドン。
「1Q84」 に出てくる不吉なNHKの集金人のように、誰かが執拗にドアを叩いていた。
何だよ、とぼくは思う。人の空想を妨げるなんて失礼なヤツだな、と。
可及的速やかに出ますから、ちょっと待っておきなさい。ということで、無視をすることにした。
再びドアがノックされる。
ドン。ドンドンドン。「……」

続きを読む

第五十三話「銀河の中心、ブラックホール」

以前よく通ったホールは、月に二度、全六イベントを行っていた。並びは抽選。

当然、ノリ打ち集団が何組も集まってくるわけで、やはり人間というのは、集団になると、普段抑えている「モヤモヤ」みたいなものを解き放つ傾向にあるわけで。


その中にぼくが(心の中で)悪の軍団、と呼んでいるグループがあった。全員二十歳になるかならないかくらいのメンバーで構成されたそのグループには、ひとり、いじられキャラの男子がいた。

実際のところ、彼を中心にそのグループは成立していたといってもいいかもしれない。

いじるというよりも、悪の軍団の構成員たちは、ことあるごとに彼に危害を加えるのだった。言葉で。あるいはフィジカルで。より直截的な表現にすると、殴る、蹴る。まるでその行為がその軍団に所属していることに課せられた当然の義務とでもいうように。


彼は殴られても、罵詈雑言を浴びせられても、言い返さずに、うすら笑いを浮かべるのみだった。その態度にまた腹を立て、構成員たちは彼を殴った。


銀河系の中心にブラックホールがある(と言われている)ように、彼にすいよせられた構成員たちは、彼を担保にグループを存続させていたように見えた。


続きを読む

第五十二話「生きる」

昔の話。
時々一緒にスロットを打っていた先輩が、某掲示板で叩かれていた。
カスだの、店員とグルだの、サクラだの(同義語)、変な服だの、と。

カスだの変な服だのというのは人の主観だし、プライベートな部分はわからないが、少なくともパチンコ屋の回し者でないことは間違いなかった。

大きく勝つとお金をばらまくように使う人だった。万馬券を取ったときは、キャバクラでシャンパンを何本も頼み、飲めや歌えやと大盤振る舞い、その日のうちにお金を使ってしまった。
ノリ打ちなのに、みんなのコインでコーヒーだのホットドッグだの、梅コブ茶だのを飲む人だった。

最後に会ったのはたしか北斗SEの新装のときだった。

「クソだな。これ」と言って、台をぶん殴って、手を傷めていた。

以来その人とは会っていない。
ぼくは仕事に専念したこともあってパチンコ屋から遠ざかってしまったし、先輩もギャンブル性が足りないと言ってスロットを打たなくなった。今何をしているかは知らない。

時を経て、ぼくは再びパチンコ屋にいる。そしてギャンブル性の乏しい行動に終始している。
とはいえ、パチンコ屋の中の日常とは、理不尽の連続である。むしょうに何かを批判したくなったり、誰かを非難したくなったりすることがある。そんなときはいつも「グレート・ギャッツビー」の以下のごとき文章を思い出すようにしている。

”僕がまだ年若く、心に傷を負いやすかったころ、父親がひとつ忠告を与えてくれた。その言葉について僕は、ことあるごとに考えをめぐらせてきた。
「誰かのことを批判したくなったときには、こう考えるようにするんだよ」と父は言った。「世間のすべての人が、お前のように恵まれた条件を与えられたわけではないのだと」” スコット・フィッツジェラルド 村上春樹訳

恵まれた条件とは何か。それはただひとつ、今生きていることだと思う。

二〇一四年 三月十一日 寿

にほんブログ村 スロットブログへ
人気ブログランキングへ
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で19年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: