書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

週間我評

週間我評最終週「あざます。」

何かとせわしない年末進行が終わり、しれっと2015年がはじまって、気づくと正月が終わり、気づくとなう。いつだって気づくとなう。
時間は全然止まらない。だからぼくも止まれない。常に何かしらのハードルを設けて越えて、設けて越えて。そうしないと不安に取り込まれ、虚無に呑まれて消えてしまうから。

IMG_1851
週刊我評最終週「あざます。」

続きを読む

スロッターの価値

IMG_9208

アダム・スミスさんという、経済学の父と呼ばれるスコットランド人がいます。
「国富論」を著した、という表層的な知識を中学で習いましたが、彼の言葉に「価値」というものがあります。
value。ヴァリュー。
野原に一本のリンゴの木がある。野原を歩き、そのリンゴの木に登り、実をもいで、帰ってくる。これがリンゴの価値である、という風にアダム・スミスは言いました。
この考え方(労働価値説)が、現代における労働に対する対価というものの基になっています。

翻り、我々はどうでしょう? 
期待値スロッターは駅前の一等地に居を構えるパチ屋に行き、パチ屋内をくまなく歩き、期待値のある台に座り、期待値のなくなった台から立ち上がり、帰ってくる。
続きを読む

「書くこと、賭けること」オブザイヤー

IMG_4469
はい(アイドルの自己紹介的に)。
ひさしなの? ことぶきなの? どうも寿です。
続きを読む

てか、誰だよ、オレのチャリンコのタイヤパンクさせたの?


IMG_6947

この間ある翻訳小説を読んでていて、たぶんアンダーヘアーの日本語訳だと思うのですが、「恥毛」という言葉が使われていて、「ギョッ」としました。そういえば恥部って言いますものね。陰部に対して陰毛。恥部に対して恥毛か。恥ずかしい毛。声に出したことないし、実際にこの耳で聞いたこともない言葉だよなあ。ろくでなし子さんという人は、日本語と戦っているのですね。


続きを読む

右隣の台がバジリスクタイム、左隣の台もバジリスクタイム、あまりにノリノリなので、ぼくもつられて逆押ししたら、弾正屋敷から追い出された

IMG_8832

打つ台がない。全然ない。さっぱりない。寒い。遠出する気がしない。まずい。寒い。しょうがない。禁断の忍術を使うしかない。

忍術「必殺(主に懐が)! バジ絆モード狙い」である(ドロン)。


続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で19年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: