書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

尖端論

第六十四話「儀式」

風邪がちっともよくならない。
むしろ次の段階に移行してしまった感がある。
ノドの痛みはより先鋭性を増し、身体の節々が痛み、熱が出るようになった。
このまま死ぬのだろうか。
しかーし、このまま死ぬのは嫌なので、ブログをはじめる以前に書いて、出すアテもなくそのまま放置していた、これだけは言っておかねば、という文章を手直ししてアップしようと思う。

IMG_1803

続きを読む

第十五話「ぼくらは海で湖じゃない」

P1010017
ぼくたちはエントロピー増大の法則に逆らうように生きている。

が、その実感はない。

続きを読む

第三話「我、時代の尖端を捉えんがために指原さんを論ず」

言語では現在を捉えられないという根本的な問題がある。
言語は常に遅れるものだからだ。


時間こそが時代の尖端である。しかし時間は流れ続ける。なうと言っている間に時間はもう進んでいる。止めることも切り取ることもできない。


だから時代の尖端などという表現は幻想なのである。


続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で20年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
カテゴリー
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: