書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

生きてて良かったという小説を書こう

パチスロは終わったとみんな言うけれど

5
稲葉弘通「鶴図」


何か、愉快なものを書こうと思い立ち、阿呆なものを、できるだけ阿呆なものを、と努めたら、こんなんできました(と、言いながら、書き途中ですが)。”今”という時間が、ほんの少し愉快なものになりますよう、祈りを込め、アップします。

書くこと、賭けること 寿

パチスロは終わったとみんな言うけれど#1/10

これは小説です
KIMG4435 - コピー



 他者と出会うことが極端に少ない生活の中で、「職業は?」と聞かれるのはもっぱらキャバクラだった。

 何かを叩く仕事をしている、というと、「トンカチ?」と言われることが多い。
「ボクサー?」違う。
「ネット関係?」それも違う。

 叩くのは人じゃない。存在、言葉でもない。レバー。そしてストップボタン。さあ、何? といって、正解が返ってきたことがない。えー、わかんない、という返答で話はうやむやになる。どうせろくでもない職業だろうという彼女たちの予想は当たっている。

 叩くのはレバー。そしてストップボタン。正真正銘のろくでなし。スロット打ちである。

 ギャンブラーと聞くと、ギャンブルに命を張る勝負師、または愚か者、みたいなイメージがつきまとうが、スロットで生計を立てるスロッターは、ギャンブルをしない。それは、ほとんど唯一の鉄則だ。

 みたいなことを得意げに言うと、同業者は失笑するだろう。すべてのギャンブルは、打ち手が負ける確率が高くなるように設計されている。おれたちは、その亡骸を拾って回る廃品回収業者みたいなものだ。どぶさらい。死体拾い。職業とはとても言えない。ただ、その分、お金をじゃぶじゃぶ使う。どこで? 夜の街で。

 ぶっちゃけ、風俗も、お姉さんのいる店も苦手だ。というと、スカしやがって、と思われるだろうが、最低でも週に2~3度は行く。というか連れて行かれる。いや、連れて行かれたのだ。あいつに。


       777


 式場は、大理石をふんだんに取り入れた立派な建物だった。記帳を済まし、香典袋を渡し、あいつの棺がよく見える位置にあるパイプ椅子に座った。

 波のうねりのようなお経が聞こえている。坊主の声はマイクに拾われ、室内に広がる。白木でできた棺の上では、地味な色の花で飾られたあいつの写真が笑ってる。

 何が面白くて笑ってるんだ? と思いつつ、焼香のために席を立つ。お辞儀をして、焼香台の前に立つ。一度、二度、三度、焼香し、手を合わす。ここにあいつが眠っているということがうまく呑み込めない。あいつの写真に向かって頭を下げる。あいつのお母さんに向かって頭を下げる。パイプ椅子に戻る。

 思いがけず、唐突に、式が終わる。香典返しを受け取り、式場を出たところでスマートフォンを取り出すと、ラインが入っていた。

「今日 ちょーヒマなんだ 助けて笑」
「いいよ」と返し、タクシーを拾った。
 パンドラ、というのが、そのキャバクラの名前だ。
「いらっしゃいませ」ボーイが言った。「ご指名はリノさんでよろしいですか?」
「うん」
「お待ちしておりました。こちらへどうぞ」
 あー。久しぶりー。リノはよそ向きの丸い声で言った。
「あれ? 何でスーツ?」
「就職活動」
「ウソつけー。ネクタイ黒だし。お葬式? 今日ヤマさんは?」
「おれ、一人」
「珍しいね」
「うん」
「どうしたの?」
「何が?」
「何か、暗くない?」
「疲れてんのかな」
「何、飲む?」
「一杯目はビールありなんだっけ」
「うん」
「じゃあそれで」
 すいませーん、ボーイに向かって硬く鋭い声でリノは言う。外向き。内向き。この二面性がリアルでいい。リノという源氏名は、アイドルだか誰だかの名前をパクったというが、おれとしては、スロットにそんな機種があったから、覚えやすく、むしろそれが仲良くなったきっかけだった。
「おつかれさまー」
「おつかれさまです」と返す。「何か飲む?」
「いいの? あざーす」
 彼女が教えてくれたところによると、キャバクラ嬢は、飲めば飲むほど、お金をもらえるらしい。客はもちろん、飲み放題のプランで入店するわけだけど、彼女たちの一杯は、1000円とか2000円で、その半分だかが、彼女たちの懐に入る。らしい。

 リノは梅酒ロックを飲んでいる。原価は100円にも満たないだろうが、リノはダブルという魔法の二倍付で飲んでいるため、これが何と2000円なり。
「ブッキーって、ほんと細かいよね」
「おれ? 何で?」
「だってあれでしょ。おれの金で、梅酒なんてしょぼいもの飲みやがってみたいなこと考えてるでしょ」
「考えてねえよ」と言って苦笑した。
「ヤマさんに何かあったの?」
「何で?」
「そんな顔してるから」
「エスパー?」
「うん」リノはそう言って、梅酒をごくんと飲んだ。
「あいつの葬式だったんだ」

つづく

にほんブログ村 スロットブログへ         


パチ屋がばらまく餌を食べて育った獣

KIMG4376


愉快なもの、阿呆なものを、できるだけ阿呆なものを、と意気込んで文章を書き始めたものの、2日目にして、物語が進まなくなりました。どこで何を間違えたんだろう? いや、頑張ろう。頑張れ。

書くこと、賭けること 寿

パチスロは終わったとみんな言うけれど #2/10

これは、小説です
KIMG4435 - コピー

続きを読む

打てば打つだけ、打ち手のお金が増える仕組み


KIMG4380

そうか。何か愉快なものを書こう。阿呆なものを、できるだけ阿呆なものを、という前提が間違っていたのかも。

誰だって、人生を懸命に生きているわけで、一生懸命生きていればこそ、阿呆なことをしてしまうわけで。なぜって、懸命に生きていない人間は、阿呆になりようがない。ということは、何かに向けて、一心不乱に頑張るということこそが、阿呆になるカギなのだ。オレやんwよし。頑張ろう。頑張れ。

書くこと、賭けること 寿

※これは小説です

パチスロは終わったとみんな言うけれど #3/10
KIMG4435 - コピー 続きを読む

30代スロット専業ブルース


パチスロは終わったとみんな言うけれど #4/10

これは小説です
KIMG2784
  

続きを読む

スロッターは、恋愛にまで期待値に持ち込むというのですか?

KIMG0914

後6回で本当に完成するんだろうか、と不安になってきた。待ち合わせがある状態でスロットを打っているときの気分。いや、レア役でどれだけ上乗せしても、取り切らなければ。

書くこと、賭けること 寿

パチスロは終わったとみんな言うけれど(小説です) #5/10
KIMG4435 - コピー  

続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で20年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
カテゴリー
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: