書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

xyz 令和パチスロ終焉譚

パチスロで勝つ勝たないを決めるのはお前じゃない

4

「るろうに剣心」7巻より

xyz-令和パチスロ終焉譚-(小説である)


続きを読む

2020年、パチスロは、終わり、ですか……

KIMG4448


xyz-令和パチスロ終焉譚-


めーでーめーでー。こちら、寿であります。

不穏なタイトルを掲げてしまいましたが、この小説は、緊急事態宣言を深く受けとめ、家から出られなくなってしまった永里蓮くん(37)が、色々と考えたり、思い出したり、ゴソゴソしたりするお話です。

緊急事態にアタフタしている人を見ると、アタフタが少し落ち着くのではないか、という期待を込めて送信します。期待外れだったらすいません。
KIMG4435 - コピー


続きを読む

自粛生活でふと気づいてしまったこと・・・


5
(稲葉弘通「鶴図」)

こんにちは。寿です。

緊急事態宣言を受けて、パチスロを自粛し、家でじっとしている男。この条件で、小説が書けるだろうか?

普通に考えると、無理だ。面白くなるはずがない。無人島のような装置でもない限り、一人の人間がそこにいるだけで物語が成立するはずがない。

だけど、蓮くんのミッションは、我々のミッションなわけで、これができなければ、我々に未来はないわけで。どちらかというと、戦う相手は、ウイルスではなく、この退屈さなわけで。

よし。頑張ろう。
KIMG4435 - コピー




続きを読む

この際、幸せが何かを決めてしまおう



KIMG4318


 こんちには。

 こんにはち。

 こんはちに。

こんさえあっていれば、空目が可能説。コンニチハ。寿です。

どこかの機関の取った統計で、日本人の1/3は金融資産ゼロという記事を見たことがあるのだけど、実際のところはどうなのだろう。金融資産ということは、不動産は除外されるのだろうし、困っている、困っていないは、ここからではわからない。

厚労省が、何年か前に発表した国民生活基礎調査では、14.9%の人が、貯金なし、と答えたという。

嘘の有無までは、ここからは読み取れないが、今、本気で困っている人が、相当数いるのは間違いない。 

来年のことを言うと鬼が笑うと言うが、ついでに笑うのは、悪魔だろうか。

あるを証明するのは簡単だが、ないを証明するのは容易なことじゃない。本当に困っているときは、声も出ない。困っている困っていないを他人が判断するのは、極めて難しいが、自分にとっては、これほど明確な概念もない。

では、その水準は? と問われると、難しい。ある人にとって、死よりもつらいことが、ある人にとっては楽勝というくらいに、人によって価値観は違う。

ともあれ、期待値は、人のしない「ところ」に、人のしてほしい「こと」に、隠れている。そのうえで、今、注視すべきは、あるものではなく、ないものなのかもしれないですね。悪魔的な難題だとしても。
KIMG4435 - コピー




続きを読む

カッコいい人は死んだ


KIMG2718

xyz-パチロスロッターかく語りき-続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で20年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
カテゴリー
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: