書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

夏休みの宿題2016

バケモノの子を見て


8/6
夏休みの宿題2016



ちょっと前に金曜ロードショーで放送された「バケモノの子」をようやく見た。

孤児というか浮浪者に近いような状態に自ら陥った人間の男の子が、迷い込んだバケモノの世界でなぜか人間的な価値観を得ていく(成長していく)。というような、ステレオタイプ(類型的)なお話だった。

ステレオタイプ、と書いたが、そもそも異世界ものの結末というのは限られている。

1、元の世界に戻る。

これが最もポピュラーな結末だ。というか、ほとんどの異世界ものはこのパターンを踏襲する。なぜなら、それを見ている我々がそうだから。その物語の中に入って、感動し、そして現実世界に戻る。つかの間の非現実世界に酔いしれ、映画館から出て、ああ楽しかったね、と安心してお家に帰る。

2、 異世界にとどまる。

その世界から出れなくなるパターンは、ホラーの常套手段である。「口避け女」「メリーさん」
その手法はより強い非現実感を醸し出す。あるいは方向性を逆に向けるとギャグやコメディになる(始球式に出張ってくる山村貞子)。しかし自らこの選択を下す主人公もいる。たとえば漫画版の「風の谷のナウシカ」、「もののけ姫」、宮崎作品に強い影響を受けたであろう「アバター」

3、世界を壊す。

なかなかこの結末にチャレンジできる作り手はいない。それは大量虐殺であり、たいていは、ポカン、となってしまうからだ。漫画の「デビルマン」、旧劇の「エヴァ」、物語は途半ばではあるが、 「ベルセルク」の蝕もそうかもしれない。
17歳、新宿の映画館で旧劇「Air/まごころを、君に」を見たぼくの魂はその後、帰ってこなかった。トラウマ必至。極めてリスキーな幕の引き方である。

さて、バケモノの子はどうだっただろう?

ここからは細田作品におけるネタバレ的な言及があるので、見る予定のある人は後で会いましょう。



続きを読む

ソウロウの歌

8/7
夏休みの宿題2016

ねえ、歳を取るごとに早漏になっていくっぽいんだけど候。

この宿題は「欲望」がテーマなのだから、下ネタと寝たい。が、歳とともに体の機能は衰えていく。事実、あれはポンプみたいなものなのだ。すべてのものは衰える方向に進む。それが世の理であり、老化というものだ。

んー、このまま進んでいったらいつかは中折れさん、ミコスリ半、どっちでも好きなあだ名を選べよ状態になっちゃうんだろうなあ。後悔先に立たず。こういうときはグーグルに相談だ。

おれの懸念に対する幾つかの回答めいた情報を得る。

・病院行け。

やだ。日常生活に支障のないことで病院に行くというのは抵抗がある。てか、検査の結果待ちの今はあんまり病院のことを考えたくない。

・PC筋を鍛えろ。

PC筋? 毎日キーボード叩いてるよ、おれ? ……ふむふむ。男性のあれと穴の間にあるお小水を我慢するときに使う筋肉のこと。へえ。鍛え方。そこに力を入れる。そこの力を緩める。そのくりかえし。

マジ? そこ鍛えたらグングンがギンギンになってガンガンいけるようになるのだろうか。
……違うよなあ。
ガンガン
ギンギン
グングン
ゲンタイ
ゴーン(合掌)
Gone with the wind.これが人生だ。逆回転はない。おれのあれが十代のおれに戻ることは終生ありえない。ただ、鍛えておくに越したことはなさそう。ありがとう。インターネット。

老化は避けられない(劣化ではない)。ならばつきあうしかない。問題は、体の機能が減退の一途をたどるのに対し、欲望の方はそうでもないということ。あのナイフを首筋につきつけられているような衝動、情動と想像の合間に揺れる悶々感こそないけれど、それにしたって欲望はある。

たとえば褒められたい。健全にモテたい。チヤホヤされたい。おっさんが何言ってんだよ、と思われるかもしれないけど、これたぶん40代でも50代でも60代でももっと上でもそうだと思うよ。人間の欲望は衰えにくい。ただ、体が動かなくなっていくだけ。

I'm singing for sorrow.哀しみを歌う。
にほんブログ村 スロットブログへ
 

スロッターの憂鬱パート2


8/8
夏休みの宿題2016


朝起きて、朝食を食べ、書きかけの文章を直し、着替えて歯を磨く。外に出て、汗をダラダラ流しながら向かう。どこへ? 検査の結果を聞きに総合病院へ。

前日は緊張のあまり眠れなかった。ということは全然ないが、少なくとも志望校の合格発表のような喜ばしい行事ではない。合格。即入院。とか言われたらどうしよう? そんなことを考えながら病院に到着。受付を済ます。

診察室に呼ばれると、開口一番医師は言った。
「異常は見られませんでした」
「そう、ですか……」
「これね、CTの画像です」そう言って医師はPCのモニターを指し示す。「胃、すい臓、肝臓、腎臓、心臓、このあたりが十二指腸、小腸、大腸、どこも特に異常はありません。それから血液検査ですが、こちらも問題は見つかりませんでした。体調、どうですか?」
「やっぱり朝起きて1時間くらいは腰回りから背中が痛みます」
「そうですか。後は、胃カメラを飲むか。どうしますか?」
「……胃カメラは、今日できるんですか?」そう質問してみる。
「いや、予約制ですね」医師は言う。
「そうですか」
「内臓じゃない場合、筋肉系の可能性もありますが、湿布とかは試してみましたか?」
「はい。湿布は一週間くらい貼ってたんですが、効果は感じられませんでした」
「そうねえ。じゃあ胃薬飲んでみますか?」
「はい」
「それを飲んで、一週間様子を見てください」
「わかりました」

       777

受付で手渡された血液検査の数値を見て、思う。アイムアンアベレージマン。白血球数、赤血球数、ヘモグロビン、ヘマトクリット(意味不明)、MCV(意味不明)、MCH(意味不明)、言葉の意味はわからないにしても、すべての数値が上限と下限の間に収まっている。突出したものが何もない平凡人間。喜ぶべきなのだろうが、いささか腑に落ちない。朝の辛さは変わっていないのだ。さて、どうしたもんか? 控えていた酒でも飲んじゃうか?

歩きながら、山口瞳という作家が「酒呑みの自己弁護」という本で語っていた言葉を思い出す。

酒をやめたら、もしかしたら健康になるかもしれない。長生きするかもしれない。しかし、それは、もうひとつの健康を損なってしまうのだと思わないわけにはいかない。

もうひとつの健康って何だろう? 

健康なとき、健康について何かを思ったりしない。調子が悪いとき、初めて足りないものに気づく。朝イチの体調は全然よくないが、少なくとも重篤な病気ではないらしい。もちろんわからない。何かが隠れ潜んでる可能性はある。が、CTと血液検査、二つ合わせれば朧BCの月判別よりもぐっと精度は高いはず。少なくとも、命に別状はないのだろう。でも、本当に? 混乱してる。不安と安堵が同居してる。おれは何をすればいいんだろう? おれはどこに向かっているんだろう?

パチ屋が見えてくる。ウイーン(自動扉が開く)。

スロットの台を前ににして、ふと思う。腰回りと背中の痛みは、スロットが原因ってのもあるんじゃね? わからん。わからんをベースに推論しても意味がない。とりあえずは胃薬を飲んで静養しつつ、おれにとってもうひとつの健康を損なわないためにスロットを打とう。

どんな仕事をするにしても、体が資本。皆様もどうかご自愛を。
にほんブログ村 スロットブログへ 

アレの皮をムクように。


8/9
夏休みの宿題2016

女子にはイマイチ共感してもらえないとは思うのだけど、男子には成長期に生殖器の皮をめくる、という一大イベントがある。それをめくらなければならない理由はたくさんあるらしいのだけど、それをリアルタイムでめくる体験をした人間の感覚としては、めくらなければいけない理由などよりも、周りの同級生がすでにめくっていた、という同調圧力(を勝手に感じて危機感を覚えるというパターン)であった。

幼少のみぎり、何かの拍子にその皮が裏返ることを発見してはいた。だから知識として、めくれる、という認識はあった。が、それをめくることは、単純に物理的に痛かった。日めくりカレンダーのようには気軽にできなかった。

が、だ。同級生のそこはめくれている、という。もうね、生物として違う感じなのだ。その形状が。サツマイモの種芋VS甲虫の幼虫。ファイ! これはヤヴァイ、と少年は思う。すでにタバコ童貞を捨てていたことを思うと、順番が逆だろ、と引っぱたきたくもなるが、インターネットの恩恵に浴せない時代、暗中模索の時代においては、人生経験の順番など、往々にして入れ替わるものだった。ともかく、それをめくらなければ明日はない。おれはそう決意した。

それにしても、めくる、というのは表現として軽すぎるような気もする。おれの印象では裏返す、またはひっくり返す、という感じだが、それではわかりにくいような気もする。ということで、日本的折衷案として、ムク。という表現を採用しよう。おれのミッションは、あれをムク。さて、どうやってムケばいいのだろう? 簡単である。力を込めて、ぐいっと亀の先端を露出させ、その状態をキープすればよいのだ。

ムク。

……痛い痛い痛い。風が吹くだけで痛いと言われる通風のようだ、とおれは思った(ウソだ。そんな知識はなかった)。

とりあえず、裏返したものを再び裏返すことにした。その種芋のような生殖器兼排泄管は、収まるところに収まって安心しているように見えた。

危機感が、再びおれをふるいたたせる。安心にはまだ早い。行こうか。右手で皮をもち、一気にムキ下げた。そんな複合動詞があるか知らんがムキ下げた。ぶち。という音が聞こえた。かまわんですたい。人生は勢いだ。おれはそのまま裸になると、その生まれたての傷口同然の部位目がけ、シャワーを当てた。痛い痛い痛い痛い。かまわんですたい。大人になるのだ。

かくして、おれは大人になった。が、どういうわけか、今、あの頃のおれが直面していたのと同じような危機感がある。しかし同調圧力ではないし、思春期特有の自意識の悩みでもない。もっと漠として薄暗い危機感だ。果たしておれは、何をムケばいいのだろう?

にほんブログ村 スロットブログへ 

イライラは弱虫のしるし。

死ぬとわかっていてなぜ人は生きていけるのか。その根源的な理由を考えるのが、文学部というところです。

大宅映子


8/10
夏休みの宿題2016


病院でもらった胃薬を飲んでいるにもかかわらず、朝の体調に変わりが見られない。朝イチの特典は絶対に許さない。まるで全リセ&特典つぶしをするボッタクリ店のようだ。

病人という言葉には文学者っぽい響きがあり、仄(ほの)かなシンパシーがあったのだけど、具合が悪い状態が続くのは、ただただしんどいだけで、まったく嬉しくない。どうして自分だけがしんどい思いをしてるんだ、みたいな暗い気持ちにもなる。自己嫌悪を感じるくせに他人に優しくなれない。楽しくない。

それでもお酒が飲みたいので、昨日は朝、昼、夜とノンアルコールビールを飲んだ。カロリーゼロ。糖質ゼロ。アルコールもゼロ。テンションが上がる。わけがない。だって清涼飲料水なのだ。ゴクゴク。ゴクゴク。ゴクゴク。終わり。おれは一体いつになったらリアルなビール(エール)を飲めるようになるのだろう? 飲んじまえばいいじゃんか、とも思うけど、それで体調が悪化するのが怖い。

何か知らんがむちゃくちゃ弱気になってる。不思議なもので、弱気になればなるほど、細かいことや、当たり前の事実が気にかかる。というか気にさわる。同業者が自分よりも効率的な立ち回りをしていることとか、パチ屋のクーラーの強さや、夏の暑さにすらも。強者はイライラなんかしない。建設的じゃないし、意味がない。

子どもが泣くのはそれ以外に解決方法を知らないからだ。泣かれると大人は困ってしまうから一般的な昭和の家庭では「泣くな」と育てられる。男は泣いたらいかん、と。

昭和の教育はさておき、素直に泣けるほうが体にはよさそうだ。だからといって、お涙頂戴の物語を見ると吐き気がする。ドラ泣き? ドラえもんを馬鹿にしないで欲しい。それ以前の問題として、おれはまだ大山のぶ代以外のドラえもんを許容できていない。ドラえもんが大山のぶ代以外の声で動いているのが耐えられない。いまだもって。

こういう風に、弱い心は関係ないモノや対象を無理やり結びつけて噛み付こうとする。弱気は飛び火する。数珠繋ぎ的にネガティブな感情に火をつけて回る。だから疲れる。その割にまったく益がない。このマイナスのスパイラルはどこかで断ち切らなければいけない。

逆説的に、不健康だけが健康を知る。だから文学者は「理想」に生きようとする。ありえたかもしれない健康を目指して。弱者のままで。
にほんブログ村 スロットブログへ 
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で20年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
カテゴリー
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: