書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

私小説

あの日、呪われた場所のこと

肉体を殺すことが出来ても、魂を殺すことが出来ない者を恐れるな

イエス・キリスト

KIMG2402


生まれて初めて外で喧嘩した日のことを、どういうわけか今でも覚えている。

それは幼稚園のグラウンドにあったジャングルジムか、それに似た遊具の前だった。たぶん休み時間のことで、相手は何人かいて、おれはひとりだった。彼らの中心にいる男子が何かをごちゃごちゃ言っていた。わけのわからない葛藤に突き動かされるように、じゃんけんのグーを模した右手が前に伸びていた。その握り拳は、ジャングルジムの主ヅラをした男の子の鼻にスコンと当たった。とたんに彼は泣き出したのだった。

幼稚園に入る際、園長先生との面接でおれはこう言った(らしい)。
「僕はここで何ができますか?」と。
この世界に生まれ落ちてから、おれはずっと不安だった。この世界で何をすればいいのか? 何ができるのか? 不安に抗うように、物語の世界に逃避した。いつもどこでも物語を読んでもらった。母に、祖母に、たまに父に。彼らが苦笑いを浮かべるくらい執拗に。

この世界はおれにとって都合の悪い世界だった。希望よりも不安の数のほうが多かった。けれど右手を伸ばしただけで世界の勢力図が変わった。世界は変えられるのかもしれない。それは希望のように思えた。しかしおれがジャングルジムの前で得たのは呪いだった。

つづく
にほんブログ村 スロットブログへ


8/26
夏休みの宿題2016

キリギリスの学び



一跳(ひとは)ね、跳ねれば、昨夜(ゆうべ)見た、
お星のとこへも、行かれるぞ。
  ヤ、ピントコ、ドッコイ、ピントコ、ナ。

金子みすゞ「きりぎりすの山登り」より


       φ φ φ
続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で20年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
カテゴリー
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: