書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

スロブログから文章技法

バカを晒すのはもうやめてあげて

文章ってのは、生まれつき文才が具(そな)わっているか、あるいは死にものぐるいの努力をしてうまくなるか、どっちかしかないんだ。

村上春樹「1Q84」から 編集者小松の言葉 


KIMG6240
続きを読む

文体のつづき

数日前にアップした記事で文体について触れてみましたが、実際、文体には良いも悪いもないとぼくは思っています。

そもそも文体は、ものまね以外では、はじめることが難しい。

今、ぼくらが書いている文章のはじまりは、明治まで遡ります。坪内逍遥、二葉亭四迷、そう、中学の頃に習った言文一致運動ってやつです。

それまでの日本では(日本という概念すら曖昧でしたが)書き言葉と喋り言葉は別物。てやんでえ、べらぼうめえ、これじゃわかりにくいってんで、あらためようじゃねえか、というのが、言文一致運動でした。

では、日本人はどうやって「文語」という文体を変えていったのか?

二葉亭四迷は、ロシア文学の専門家でした。それにくわえ、文体修行として、落語の喋りを文字に起こしていった。混交。試行錯誤。日本人の大得意、和漢折衷が、和洋折衷に変わった瞬間でもありました。

そこに英国帰りの夏目漱石、ドイツ帰りの森鴎外などが独自の文体を追求していきました。そうして徐々にできあがったのが、「小説」というジャンルです。我が国には世界初の長編小説と呼ばれる「源氏物語」こそありますが、近代小説の歴史としては、まだ130年しかないのですね。

その後も、侃々諤々の主張が繰り広げられました。

この西洋かぶれが、古典に戻るべきだ!

ナニを言っておる、この懐古厨が!

やはり、敬語がよろしいのではありませんか?

ムシロカタカナデカカウ!

iyaiyaアルファベッドで書いちまおうぜ!

いやあ時代はエスペラント語っしょ!

そのような経緯を経て、我々は今、日本語で文章を書いています。

はい。

話を現代に戻しましょう。この間の「情熱大陸」で、高田純次さんが取り上げられていました。

テレビカメラの前で酒を飲みながら、氏は言いました。「歳とってやっちゃいけないことは」と。

ふむふむ。

1、説教
2、昔話
3、自慢話

俺はこの三つをなくしてるから、エロっ話しかできない。

そう言い切った高田純次さんの顔が輝いて見えました。これ、文体論としても、素晴らしくね? ぼくはそう思ったのでした。

無理して明るくする必要はないし、無理して怒る必要もない。演じてもいいし、演じなくてもいい。

ナニはともあれ、他人が嫌がることを書いてもしゃあんめえ、とぼくは思います。

そのうえで自らに問う。

どういうものを書きたいか?

どういう自分でありたいか。

文体について、村上春樹さんはこんなことを言っています。

「最初の器を借りることは可能だ。だが、小説家は早晩その器を別の器に移さなければならない云々」と(うろ覚え)。

文体とは、今という鏡に映った幻影に過ぎません。今までも、今この瞬間も、これからも、変わり続けるもの。

村上春樹氏のパチモン文体と呼び声高い「書くこと、賭けること」の寿ですが、何とかここで踏ん張って、自分の文章を書こうと思っています。

にほんブログ村 スロットブログへ




参考文献

二葉亭四迷 「余が言文一致の由来」

青空文庫

 

スロブロガーに学ぶ文章技法2「文体」

IMG_3576

今回は、文章の形、イエス、文体の話。

引用は、「スロハイ-今この機種で勝ってます」まちゃさんの文章から。

vsハナビ高設定狙いメイン6日間


続きを読む

スロブロガーに学ぶ文章技法1「異化効果」

IMG_2014

たぶん、スロットブログに求められるものの一番は「勝てる情報」である。じゃあ、文章は添え物に過ぎないのだろうか? 否、断じてそんなことはない! という企画を立ち上げてみます。

第一弾は、心を動かす技法、「異化効果」について触れてみましょう。


引用は、「スロジカルシンキング」とむげさんの文章から。

ヒキ強、ヒキ弱について真面目に考えてみる
続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で19年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: