書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

2018年04月

♯12「スロッターの心得『開店前は並ぶべし』」

KIMG2840続きを読む

♯11「パチ屋に入る前にしておくべき話 その3」

KIMG2955

 日脚がぼうとひろがれば
 つめたい西の風も吹き
 黒くいでたつむすめが二人
 接骨木藪をまはってくる
 けらを着 縄で胸をしばって
 睡蓮の花のやうにわらひながら
 ふたりがこっちへあるいてくる

1924年5月8日 宮沢賢治「日脚がぼうとひろがれば」より 続きを読む

♯10「パチ屋に入る前にしておくべき話 その2」

KIMG2957

 日脚がぼうとひろがれば
 つめたい西の風も吹き
 黒くいでたつむすめが二人
 接骨木藪をまはってくる
 けらを着 縄で胸をしばって
 睡蓮の花のやうにわらひながら
 ふたりがこっちへあるいてくる

1924年5月8日 宮沢賢治「日脚がぼうとひろがれば」より 続きを読む

♯9「パチ屋に入る前にしておくべき話」


KIMG2997

続きを読む

♯8「パチンコ屋に出会わなければ」

KIMG0581


 みんなに義理をかいてまで
 こんや旅だつこのみちも
 じつはたゞしいものでなく
 誰のためにもならないのだと
 いままでにしろわかってゐて
 それでどうにもならないのだ


1925年1月5日 宮沢賢治「異途への出発」より続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で20年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: