書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

2016年03月

【欠損祭りからのV字回復なるか!?】今月三度目の天膳背景BTに挑む!

KIMG5464
トータル収支がマイナスのまま、今月の稼動日記も後3回。いよいよ追い込まれてきたね。しょうがない。可能性が残る限りは期待値を追います。

にほんブログ村 スロットブログへ
「1日1ポチで寿を文壇へ!」
頼むぜ。 続きを読む

♯89「そして戦いの幕が開く」

安住するなら修羅場にしとけ。


永里蓮
KIMG5825
xyz♯89
第三章「永里蓮、絶望の淵で」続きを読む

yeah! 朧登場即告知「おめでとうございます!」

KIMG5972

月の欠損って最大どれくらいするんだろう? みたいなことをついつい考えがちだけど、あんまり意味がない。わかったところでやることは変わらない。変わるとしたら、最初の前提条件(ボーダー)が間違ってるのだ。ヒキ強とヒキ弱の収支は年に800万くらい開いちゃうんだよ。so what?

ただ今月の場合、適当にやるとか言っておきつつバジ絆ばっか打ちまくった結果がこの体たらく。そこは反省したい。はい。なんてえ殊勝な考えはぼくにはない。鬱鬱としてたって何もいいことない。つつつ。今日もバジ打つよー!
 
にほんブログ村 スロットブログへ
 
「1日1ポチで寿を文壇へ!」
頼む。 続きを読む

♯88「ウサギ追いしパチンコ屋」

狙いが外れたとき。思い通りにいかないとき。ありえないことが起きたとき。パチ屋で得た経験を生かすとき。


永里蓮
IMG_1910 - コピー
xyz♯88
第三章「永里蓮、絶望の淵で」続きを読む

【美】絆高確「縁」天膳バトル最終ゲームでのイチカクの衝撃

KIMG5895

負けが込んできたときの精神は、まず弱気になる。不安。自分がここにいてもいいのだろうかという不安。蚊帳の外に置かれている疎外感。

次に精神は、不安に耐え切れずに責任を転嫁しだす。悪いのは我輩ではない。誰かが悪い。何かが悪いんだ。そうに決まってる。

攻撃が通じないとみるや、泣き言を言いはじめる。どうして勝てないんだよおおおお。ちゃんと期待値追ってるだろおおおおおお。

最終的にはそれらが日替わり/分替わりで現れる。

これ、DV男/女の精神構造と一致。一種の病である。

ただし人間の精神はほとんど同じ構造をしている。ゆえにスロッターは誰しもこのような経験をしている。

究極的に運がいい人はこんな穴にはハマらないのかもしれない。

が、誰であれ、そこから這い出ない限り未来がない。運の尽きとともに、同じような穴に突き落とされる。その穴には救いの蜘蛛の糸は垂れてこない。どんな場所からでも、そして何回でも突き落とされる。無間地獄。はじめに言葉ありき、ではない。すべてのゲームは精神ありき。

結果が出ないことを認められない人間には結果を出す資格がないのかもしれない。

にほんブログ村 スロットブログへ 
「1日1ポチで寿を文壇へ!」
頼む。続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で18年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: