書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

2015年05月

牙リバコンビの登場人物紹介3「チーフ、タローズ」

牙「はい。やってきました第三段」
リバ「てかやあ、ずっと思とってんけど、この紹介って誰に向かってしてんのん?」
牙「読者に決まってるやん」
リバ「ほんまに読者なんておんの?」
牙「……」
リバ「あれ、これ言うたらあかんやつやった?」

続きを読む

連載第十八回「スロットのない世界」


世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのか、と問うてはならない。ひたすら歩め。


フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ 永井均訳

「パチ屋のなくなった世界で」 
IMG_7385
第四章

消えゆく僕の世界で僕は The world will be lost for change the world.


本作はフィクションであり、実際の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。


小説の続きを読みたいぞい、と思っていただけた際は、文末に設置されたバナーをクリックしてもらえると嬉しいす。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気ブログランキングへ 
 

続きを読む

第四百二十一話「絆打ちのブルーズ」

IMG_3349
数えてみると、35日連続でスロットを打っている。 何。スロットを打っている時間が休息なのだ。とムリヤリ思い込もうとしてもダメだ。首肩腰の3点セット、及び目、それにノドと肺に確実に負担をかけている。疲労が蓄積している。期待値だけが増えていく。の割に収支はぱっとせず。まあそれも人生さ。ぼくは向かう。どこへ? パチ屋へ。続きを読む

連載第十七回「信じられるのは、数値化できるもの、言語化できるもの、あるいは経験したこと」

世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのか、と問うてはならない。ひたすら歩め。


フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ 永井均訳

「パチ屋のなくなった世界で」 

第四章

消えゆく僕の世界で僕は The world will be lost for change the world.

IMG_0356

本作はフィクションであり、実際の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。


小説の続きを読みたいぞい、と思っていただけた際は、文末に設置されたバナーをクリックしてもらえると嬉しいす。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


人気ブログランキングへ 
 

続きを読む

第四百二十話「蒼天2で珍しく400のゾーンで当たったから、今日はまっすぐおうちに帰ろう」

KIMG0739
運だけで勝てちゃった。そんな日のことは一刻も早く忘れたほうがいい。と思う。脳に記憶を許さないくらいが丁度良い。でもブロガーはそうはいかない。酸いも甘いも書き記さなければいけない。それがスロブロガーである。続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で19年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: