書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

2014年10月

第二百五十二話「文体とは何か」

IMG_5228
続きを読む

第二百五十一話「寿、駿府城へ行く(リアルに)」


IMG_7815 - コピー

道草1
道草2

まだまだ続く道草シリーズ。地元に帰るのではない。行く、向かうのである。ぼくらは常に未来に向かって進む。後退の二字はない。時間とはそういうものである。

温泉、パチ屋の次はどこに行く? スマホの地図を広げ、ここだ、と決めたのは、静岡駅であった。
ここに何があるか?
そう。
IMG_7544
である。
続きを読む

第二百五十話「シャイなオレは公衆の面前で女子のケツを笑顔では叩けない」

IMG_7857
ピカーンッ。

道草は続く。
温泉に入ってパワーを充電した寿は電車に乗り、適当な駅で降りて適当な店に入り、すると、まだ打ったことのなかったシンデレラブレイド2によさげのゲーム数の台があったので、打ってみることにした。


続きを読む

第二百四十九話「さようなら」

小学校を卒業してからというもの、「さようなら」という言葉を使うことがほとんどない。


続きを読む

第二百四十八話「午後の空想のひと時をジャマするテンパリー男現る」

IMG_7693

先週の話。
パチ屋のトイレの個室にこもり、思考的または思弁的、多分に空想的に午後のひと時を過ごしていたところ。

ドン。ドンドンドン。ドン。ドンドンドン。
「1Q84」 に出てくる不吉なNHKの集金人のように、誰かが執拗にドアを叩いていた。
何だよ、とぼくは思う。人の空想を妨げるなんて失礼なヤツだな、と。
可及的速やかに出ますから、ちょっと待っておきなさい。ということで、無視をすることにした。
再びドアがノックされる。
ドン。ドンドンドン。「……」

続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で19年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: