KIMG6092



好きなことで生きていくという言葉には、夢追い人的なイメージと詐欺師的なイメージがありますが、そもそも好きなことが何かがわからない人は案外多いような気がする。これは実は簡単で、多くの場合、好きというのは時間が経つのが早いことですね。ということは、好きなことを仕事にすると早死にする。原理的にはそうなりますw

好きなことを仕事にしてしまった場合、余暇時間どこだ問題が起きる。必ず起きる。苦手なことを仕事にする場合、余暇時間を充実させるという二毛作ができる。というように、物事は好きと嫌いだけでは分けられず、ある面ではよくても、ある面で困るということが頻繁に起こってしまう。

問題は、「好き」や「嫌い」、「得意」や「苦手」がどれだけ持続するかだとぼくは思う。好きなことで生きていくというのは、好きなことをする自分を取るために、他の可能性を差し出す。つまり、リスクをテイクするということで、それに対して、リスクをヘッジ(回避)するには、苦手なことを仕事にした方が都合が良い。好きも嫌いも未来永劫に変わらないイメージがあるから、好きだの嫌いだのと一口で言えると思うのだが、そんなものはほとんど存在しない。

というわけで、ひとつの目標、ひとつなぎの財宝を追いかけるためには、別の方向に可能性を残す必要があると思う。飛びたいという気持ちは、大なり小なりみな同じはずだが、飛ぶ前に転び方を学んでおかねば、一度の転落で致命傷を負ってしまうことにもなりかねないのだから。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村    

Twitterにて短文修行中。フォローされたし。
寿Twitter