KIMG4203


「六号機のお気に入りは何ですか?」と問われたら、

「セイヤ、リゼロ、天昇」と答えたい。しかし、この三機種は、なかなか足並みを揃えてくれない。

9連続でスルー中だったRe:ゼロから始める異世界生活でATをゲット
青七3発、1256枚フィニート
+16k

よし。この勢いでまいろう。

しかし、どうしたことか。今年いちばん調子の良かった聖闘士星矢海皇覚醒スペシャルがおかしいのでござる。

聖闘士星矢海皇覚醒スペシャル337~
406少宇宙メーターマックス 即発展
412解除
 VSイオ70%
-1k

これで、直近で80%、70%、70%と連続で単発フィニート。いったい何が起きてるんだ。ぼくが、おかしいのか。何がおかしいのか。

同聖闘士星矢海皇覚醒スペシャルGBレベル狙い
GBレベル3以上が確定
天井到達&準備中に強チェリーを引いて、1体撃破(継続)確定
VSバイアン
2連目。お。かの有名な「ベガスス座」が浮かび上がった。これは勝つ!
→2連フィニート
うそだろ……
-13k

人間の認識は不思議なもので、ペガサスと認知しているものを、「ペガスス」呼ばわりされると、ふわっとする。

かの「ハーデス」は、「ハーデース」と表記されるのが通例らしいし、古典ギリシャ語の発音だと、ハーイデースが近いらしい。タラちゃんやないか。

偉大なるゲーテJohann Wolfgang von Goetheにいたっては、

ゴエテ、ギューテ、ギェーテ、ギューテ、ギョート、ギョーツ、ゲーテ、ギュエテ、ゲォエテ、ゴアタ、グウィーテ、ゲヱテー、ゲーテー、ゲェテー、ギョウテ、ギヨーテ、ギョーテ、ギョーテー、ギヨテー、ゴエテ、ギョテ、ギヨヲテ、ギヨオテ、ゲョーテ、ゲヨーテ、ゴエテー、ゲエテ、ギヨエテ、ゲイテ、ギョエテ

というようなカタカナで紹介された歴史があるらしく、詠み人知らずではあるものの、「ギョエテとはオレのことかとゲーテいい」という川柳が残っているくらい。

考えてみれば、日本という国名は、ニホンだってニッポンだっていいし、もともと「やまと」と呼んでいたものを、中国語風に発音したのが、ニッポンという発音の始まりと聞くし、それを江戸っ子が略してニホンと呼んだという説があるし、マルコポーロはジパングと言ったし、英語だとJAPANだし、フランス語だとジャポンと聞こえるし、イタリア語だとジャポーネと聞こえるし、ポルトガル語だとジャパオンと聞こえるし、スペイン語だとハポンと聞こえるし、ドイツ語だとヤーパンと聞こえるし、ロシア語だとヤポーニアと聞こえる。

マック、マクド、マクド、マック……ケンタ、ケンチキ、ケンチキ、ケンタ……

同じもの。違うようで、同じもの。

……あまりに有利な状況を、あまりにも簡単に転がされたショックで現実を逃避行してしまった。すみませぬ。

さて、マイスリーフェイバリッツ三強の一角、北斗天昇さんは、北斗天昇さんで、激闘バトルに突入し、少役レベル4!
VSカイオウ76%
リプ(40%)スルー
リプ(40%)スルー
単発
-9k

ワオ。

20%とか30%って、けっこう強いんですね。というか、80%とか70%という確率は、そこまで頼りにならないということですかね。何すかね。
にほんブログ村 スロットブログへ