KIMG3177


パチ屋をぶらぶらしていると、こんな台があった。

聖闘士星矢海皇覚醒スペシャル。200ゲームで前兆状態で停まっている。ここで前兆が起きるということは、
シナリオ1、2の12.5%
シナリオ5、6の90.63%
シナリオ7、8の25%

ということだろうか? 万年設定1の店なら打つ価値はないのかもしれないが、ここは打ってみようか。
すると、300で前兆。これは良くない。
シナリオ1、2の90.63%
シナリオ5~8の25%

続いて、400で前兆。
シナリオ1、2の12.5%
シナリオ5~8の90.63%

このパーセンテージを見る限りでは、シナリオ5~8が濃厚ではあるものの、500のゾーンをするっと超えてしまう。ということは、海底か。
が、GBレベル2以上演出がピピピと出る。そのうえ、600前兆来ず。

……12.5%が2連したんですか。

通常確定、そして、天井到達。
VSクリシュナ60%
まったく期待していなかったが、これを3戦通し、SRゲット
KIMG3391
七揃いなし、Vひとつ
ストックを3つ、5連706枚
ちょい勝ち

書いていて、自分が何を書いているのか、よくわからなくなってくることがある。ということは、読んでいる人は、明確に??(はて、なにを書いているのだろう?)と思われていることだろう。

現象としては、或る台を打って、ちょろっと勝った、というだけのことだ。その過程で、なかなかに珍しい出来事(12.5%の2連チャン=1.5625%)が起きた。さらに、60%が3連して(60%の3連チャン=21.6%)SRゲットという、そこそこ珍しいことが起きた。

ということを書いたはずなのだけど、この珍しいことを、言葉にしつつ、数字を出しつつも、自分の中でピンと来ていない。1.5%というと、珍しい気もするが、毎日スロットを打っていると、珍しいことも、そこまで珍しいことではなくなってしまう。

子どもの頃、ドラゴンボールを読んでいて、悟空が、初対面のベジータと戦う際、「界王拳2倍だ」いや「3倍だ」とやった後に、これでラスト!的に、「4倍」を使うシーンがあったが、そのときは、絵の効果もあって、す、スゲーと思ったものだけど、今考えてみると、切羽詰った戦いのさなかに、自分の「気」を正確に把握し、さらにその「気」を、冷静に掛け算していた孫悟空の頭の回転に恐れ入る。

パチンコを打っていて、期待度50%のリーチが外れると、気分的には80%ほど落ち込む。パチンコを打っていて、期待度80%のリーチが外れると、気分的には120%落ち込む。ことほどさように、ぼくの感覚は、数学的ではない。

毎日スロットを打っていると嘯くのなら、孫悟空のように、数値に対する正確な把握をしなければいけない、と切に思う。

昨日のBT
3連378枚
14連1849枚
にほんブログ村 スロットブログへ