KIMG3542

古事記では、イザナキが、オレのカラダの一部にはちょっち余ってるとこがある、というようなことを言い、イザナミが、ワタシのカラダの一部にはちょっち足りないとこがある、というようなことを言い、当然シモネタであるわけで、イザナキとイザナミはまぐわい、まず最初に生まれたのが、淡路島(兵庫県淡路市、洲本市、南あわじ市)でありました。

次に、四国が、隠岐(島根県隠岐郡)が、九州が、壱岐(長崎県壱岐市)が、対馬(長崎県対馬市)が、佐渡(新潟県佐渡市)が生まれ、最後に本州が生まれる。それぞれ島の大きさはまったく違うが、ともあれ、これが国産みである。

ポップミュージックで、日本語と英語を混ぜ始めたのは、おそらくサザンの桑田佳祐で(あるいはその時代の誰かで)、それ以後、日本のミュージシャンは、日本語と英語を混ぜた歌詞を歌うようになった。無論、この現象自体、母なる「やまとことば」と、父なる「漢字」を混ぜ合わせ、書き言葉としての日本語を成立させた、奈良/平安時代を無意識的に模倣しているのだが、ぼくがすべきことも、何かと何かを混ぜることである、とそう言い切ってしまっていいと思う。

ところで、ぼくはどうしてこの書物を手に取ったのだろうか? 期待値を追うことをエナ乞食と揶揄されることがあるからだろうか(同音異義語)。

ぼくが古事記を手に取ったのは、今年亡くなった二人の文人の影響が大きかったのかもしれないと、今、文章を書きながら思う。二人とは、小説家の橋本治さんであり、日本文学者のドナルド・キーンさんである。もちろん勘違いの賜物だろう。ただ、ドナルド・キーンがぼくのために言葉を遺し、橋本治がぼくのために小説を書いたのだという勘違いは、他人はどうあれ、ぼくにとって大きな意味を持つ。

人間、何が感動するといって、誰かの行為が、自ら(エゴ)のためではなく、誰かのためにそれをしたのだ、ということを知ったときではないか? その最上級は、誰かが自分のためだけに「贈り物」を届けてくれたということに気づいた瞬間のはずだ。「これはあなたのために作ったんだよ」と書いてあるわけではない。感動は、知らされるのではなく、悟るものなのだ。その瞬間、あなたはこの世界に存在してもいい理由を得る。本当に一瞬で。

古事記では、この国がどう作られたかが語られる。そこにはさまざまな神のさまざまなエピソードが書かれている。ここで重要なのは、その方法や物語の種類ではない。あなたが生まれるために、さまざまな物語があったのだ、という理解である。

さまざまな神が集まれば、そりゃさまざまなことが起きる。一人の人間の短い人生ですら、嫌われたり好かれたりを繰り返すのものである。人の間と書いて人間。延々メインストリームに乗っていられる(あるいはマジョリティでいられる)人間は、(ほぼ)いない。争いや、いざこざは、その時々であっただろう。攻める方、攻められる方、滅ぼす方、滅ぼされる方、富めるもの、貧するもの、その時々で、ご先祖様の立場や環境は違っただろう。だけど、少なくとも一つ言えることは、どんな立場に追いやられたとしても、生き残ったということだ。

今そばにいても、いなくても、あなたには両親がいて、両親にはそれぞれ両親がいて、それぞれの両親にはそれぞれの両親がいて、ずっとずっと、古代の向こうまで連綿と続いている二重螺旋。ことばよりも、文化よりも、国よりもずっとずっと長くて深いつながり。

あなたは一人じゃない。それが古事記に書かれていることだった。

にほんブログ村 スロットブログへ