The Rewrite.
KIMG6107

釣った魚に餌をあげない男、という、(全方位的に)失礼極まりない表現があるが、ぼくは自分の書き上げてしまったものをほぼ読み返さない。 させん。


が、XYZ執筆中、前のあれ、どうだったっけ? という度忘れからスロ小説第二弾を振り返ってみたところ、話が脱線だらけで物語が全然入ってこない。語りが安定しないので読んでて気持ち悪い。何これダメじゃん。挑戦&大失敗。これは多くの作家が陥る2作目の落とし穴そのものじゃないか。1作目「トン、トン、トン」が思いのほか受け入れられて、というか反響があって、調子に乗ってたんだろうなあ。もしくは病んでたんだろうなあw デビュー前に失敗に気づけてよかった。

ということで書き直しを決意。直しポイントは主に4つ。

1、トータルコンセプトの見直し→タイトルの変更

2、気持ち悪い表現の一掃(いっそう)、リズムを阻害している部分の削除→推敲作業の徹底

3、(がちゃがちゃぐちゃぐちゃ)色むらの是正→文体の統一

4、コメディに逃げない→ちゃんとカッコつける

これでいきます。

推定霊長類ネコ科。気づいたら話じたい劇的に変わってしまってるかもしれませんが、そうなったらめんご。人生は一期一会。life goes on.

物語の筋は変わらないので、頼む。再読してちょ、とは言えないけども、序盤でつまづいて読む気しなかったよ、馬鹿野郎。クソつまらんかった、阿呆、という方はぜひ、読んでみてね。

書くこと、賭けること 寿 
にほんブログ村 スロットブログへ 

♯1へGO!