IMG_0543
「書くこと、賭けること」は2016年1月11日で3周年2周年を迎えました。

drdrdrdrdrdrdrdrdrdr(ドラムロール)……ドン。ブログ3年目のスローガンはこちら。

「未知との遭遇」
……間違えた。

「キチとの遭遇」

IMG_5191
キチはあれね、クレイジー、貴重のきち、機知、dead or aliveキチか吉。

ということで、
「1日1ポチで寿を文壇へ! スロットブログ村ランキング急上昇キャンペーン」はじまりはじまりー。
にほんブログ村 スロットブログへ

とはいえ、寿を応援してやんぜ、という気持ちはあるけどポチなんてやだよ。めんどくせえ。それは重々承知してる。数秒とはいえ、貴重な時間である。

しかしそこを何とか押してもらえるように、マニフェストを語ろう。

まあ聞いておくんなさいな。目標は、無視できないブログ。数字にしたらどれくらい? 10万人くらい。今1日に見てくれる人が800人くらい。……実に125倍。途方もねえw じゃあ現実に読者が10万人いたとして、それで何が変わるのか? って言われてもよくわからない。ただ、10万人という数字は素通りできないはず。

うーん、説得力がない。何でだろ。
マニフェスト=具体的な数値目標・達成期限・財源などを示した公約文書。「誠心誠意、これくらいのことをさせていただきますので、あなたの一票をおくれ」
うん。この言葉がやらしいんだね。マニフェスト=やらシステムなんだ。やっぱやめた。俺は理想を語る。語り続けるだけの価値のある理想を語り続ければ、それが現実になる。わけじゃない。スロ小説家は価値を蹴飛ばす。俺は政治家じゃない。スロッターであり、小説家なんだ。小説家の敵は決まってる。誰か? 政治家。これはもう前世から仇敵なのだ。権力志向のある作家はシャッザファカップ。あんなやつらは小説家の服を着た狐、いや、けものへんを剥ぎ取って瓜。俺の見えないとこでやって栗。俺は多数を相手にしようとする作家の言葉は一切信用しない。……さっき10万って言ったの誰だ? 俺だ。それは何だ? 現実的に小説だけで食っていくのに必要な人数を数値化しただけ。他意はない。集団相手に取引をするつもりは毛頭ない。

文章はひとりでしか書けない。仲間なんていない。ひとり。俺、ひとり。つうかホントは誰もがひとり。隣に誰がいてもひとり。恵まれていてもひとり。だから俺はひとり、ひとりに向けて語り続ける。リア充? 知らん。サークル? 知らん。ゼミ? 知らん。グループ? 知らん。DQN? 知らん。ニート? 知らん。病的? 構わん。文学は癒えようのない孤独な魂にだけ有用なアルコール(薬物)。ハッピーピーボーに用はない(振りだけしてるやつはウェルカム。俺もそう)。俺ひとり対世界。それを読む人もひとり。ひとり対ひとり。その契約だけは守るよ。死ぬまでずっと。

ポチ乞食? 寿ってもっと地に足の着いた人間だと思ってたよ。がっかりだよ、という人にはすまんとしか言えんけど、こちとら時間がない。仲間もいない。つくるつもりもない。だから攻めるしかない。

スロットと小説の二刀流してるやつが他にいるかは知らんけど、ワナビだけじゃしょうがないので、この道を切り開く所存。酔旅詩句。
にほんブログ村 スロットブログへ



スロ小説連載開始!