にほんブログ村 スロットブログへ

※うは。嬉しいのとめでたいのでこの記事をしばらくトップに置いておきます。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

何でも、この記事が「書くこと、賭けること」の1000本目の記事らしい。

いや、書いたねー。書いた。

じゃあ特別なことを書かないとね。

何書こうかな。たまにはお題目を決めましょうか。よし、じゃあ、「人生について」

人生って何? 重い? 軽い? いや、楽しい。

ぼくは割と「どれだけ楽しんでいるか」というモノサシを使う。

小説もそう。使命感のみで書かれた小説は重苦しい。もちろん、それが悪いことのはずはない。それは絶対にしなくてはいけないことなのだ。が、小説を書くことが苦痛だ、と言う作家の書くものを読むことは、苦痛を伴う。

ぼくは一緒に苦痛を味わおう、とは言いたくない。だって楽しいほうがいいじゃん。スロットも、小説も、根本的に楽しいからしている。人生もそうじゃない?

ともあれ、人間の生活は絶え間ないインプットとアウトプットという言い方もできるわけで。

イン(入れる)プット
アウト(出す)プット


小説家の場合、読書や経験が(入れる)ことで。妄想したり推測したり書くことが(出す)ことで。

今年はちょっと出しすぎちゃった感あり、そうなると、何かを入れないとバランスが取れないわけで。でも、何を入れたらいいんだろう。「書く」ことと「賭ける」ことっていうモチベーションだけじゃ足りない期に入った感がアリマス。成長には痛みが伴うもの。だからこれはチャンスなんざんす。ただ、弱音を吐かねえなんて強がってもしょうがないし、こういうのは素直に吐き出しちゃった方がいい気がする。なのでヒマだったらコメントください。喋ろうよ。

にほんブログ村 スロットブログへ


p.s.
ブログのコメ欄って思わず送信ボタン押してしまうことがありますよね。そういうときはブログの一番下らへんにメッセージってのがあるので(公開はされません)、そこに訂正文章を送っていただけましたらば、直しますよん。