数日前にアップした記事で文体について触れてみましたが、実際、文体には良いも悪いもないとぼくは思っています。

そもそも文体は、ものまね以外では、はじめることが難しい。

今、ぼくらが書いている文章のはじまりは、明治まで遡ります。坪内逍遥、二葉亭四迷、そう、中学の頃に習った言文一致運動ってやつです。

それまでの日本では(日本という概念すら曖昧でしたが)書き言葉と喋り言葉は別物。てやんでえ、べらぼうめえ、これじゃわかりにくいってんで、あらためようじゃねえか、というのが、言文一致運動でした。

では、日本人はどうやって「文語」という文体を変えていったのか?

二葉亭四迷は、ロシア文学の専門家でした。それにくわえ、文体修行として、落語の喋りを文字に起こしていった。混交。試行錯誤。日本人の大得意、和漢折衷が、和洋折衷に変わった瞬間でもありました。

そこに英国帰りの夏目漱石、ドイツ帰りの森鴎外などが独自の文体を追求していきました。そうして徐々にできあがったのが、「小説」というジャンルです。我が国には世界初の長編小説と呼ばれる「源氏物語」こそありますが、近代小説の歴史としては、まだ130年しかないのですね。

その後も、侃々諤々の主張が繰り広げられました。

この西洋かぶれが、古典に戻るべきだ!

ナニを言っておる、この懐古厨が!

やはり、敬語がよろしいのではありませんか?

ムシロカタカナデカカウ!

iyaiyaアルファベッドで書いちまおうぜ!

いやあ時代はエスペラント語っしょ!

そのような経緯を経て、我々は今、日本語で文章を書いています。

はい。

話を現代に戻しましょう。この間の「情熱大陸」で、高田純次さんが取り上げられていました。

テレビカメラの前で酒を飲みながら、氏は言いました。「歳とってやっちゃいけないことは」と。

ふむふむ。

1、説教
2、昔話
3、自慢話

俺はこの三つをなくしてるから、エロっ話しかできない。

そう言い切った高田純次さんの顔が輝いて見えました。これ、文体論としても、素晴らしくね? ぼくはそう思ったのでした。

無理して明るくする必要はないし、無理して怒る必要もない。演じてもいいし、演じなくてもいい。

ナニはともあれ、他人が嫌がることを書いてもしゃあんめえ、とぼくは思います。

そのうえで自らに問う。

どういうものを書きたいか?

どういう自分でありたいか。

文体について、村上春樹さんはこんなことを言っています。

「最初の器を借りることは可能だ。だが、小説家は早晩その器を別の器に移さなければならない云々」と(うろ覚え)。

文体とは、今という鏡に映った幻影に過ぎません。今までも、今この瞬間も、これからも、変わり続けるもの。

村上春樹氏のパチモン文体と呼び声高い「書くこと、賭けること」の寿ですが、何とかここで踏ん張って、自分の文章を書こうと思っています。

にほんブログ村 スロットブログへ




参考文献

二葉亭四迷 「余が言文一致の由来」

青空文庫