IMG_1996
金? 一番稼いでるやつが一番えれーだろ!!! そう思いたいところだけど、ちょっと待とう。


これはどんな職種のどんな商談でもそうだと思うのだけど、月なんぼ稼いでまっせ、儲かりまっせ、と胸を張る人は疑ってかかったほういい。収支には触れ幅があるし、100万、0万、20万、という収支実績があったとして、月40万稼いだぜ! というのは、ただ単に、現在から過去を見て出した平均値に過ぎない。

過去の栄光に囚われず、未来を掴む。それこそがプロの姿勢であるとぼくは思う。ま、オナニーはどうぞご自由に。武勇伝? どうぞどうぞ。

仮にスロット生活者がライセンス制になったとする。WPA【World Pachi-slot Association】すなわち世界回胴式遊技機協会による選別で、C級、B級、A級、S級、というランクづけがされる。

1、収支

2、稼働時間

3、地域性、または稼働実績

4、スタイル

5、コミュニケーション能力

6、仲間の有無

7、ビジョン

8、性格、信条

みたいなもので測られるのだろう。ぼくはたぶん、選ばれないように思う。ギリギリ入ったとしても、最下級戦士。ファック。ぼくはそのライセンスをビリビリと破り、WPAの巨大な建物を後にする。そして新たな組織をつくり、【絆師連合会】総長 甲賀方寿として、WPAと戦争をはじめるのだ。

くだらない話はさておき、最近、スロットを打ちながら思うことがある。「あんま楽しくないなあ」と。
「俺、何のためにスロット打ってるんだろ……」と。

やりたくないことをやりたくないと思いながらやることは、ストレスがたまるだけである。というわけで、その人がどれだけ「スロット」を楽しんでいるか。それが一番のものさしだとぼくは思っている。

そう言い切った以上、スロットを楽しめていない今のぼくが、稼働日記(文系の立ち回り)を書くわけにはいかないので、今日は休むことにします。

チャオ。

にほんブログ村 スロットブログへ


人気ブログランキングへ     


本日の一点「カード遊びをする人々」ポールセザンヌ