何かとせわしない年末進行が終わり、しれっと2015年がはじまって、気づくと正月が終わり、気づくとなう。いつだって気づくとなう。
時間は全然止まらない。だからぼくも止まれない。常に何かしらのハードルを設けて越えて、設けて越えて。そうしないと不安に取り込まれ、虚無に呑まれて消えてしまうから。

IMG_1851
週刊我評最終週「あざます。」

今日でブログ開設から一年が経った。一日も欠かすことなく更新を続けられたモチベーションを与えてくれたみなさんに感謝。たまに読んでくれた人、熱心に読んでくれた人、今日初めて読んだ人、読むのをやめてしまった人、本当にありがとう。
一年で400以上の記事を書いた。世界中のスロットブログの中で、365日で一番文字数を連ねたのではないか? と思う。
だから何だ? と人は思う。たぶん思う。ぼくも思う。
しかしながら、再度、平身低頭申したい。このブログが一年続いたのは、読んでくれるあなたがいてくれたからです、と。

というところで、本日をもって「週間我評」を終わりにしようと思う。
試みとしては悪くなったとは思うのだけど、いまいち座りが悪かった。
それでもカテゴリを残していたが、振り返る、という行為が、ぼくにはまだ早かったということなのだと思う。それもこれも記事への愛着ゆえ、書いたものを読んでもらう確率を少しでも上げたい! という、もったいない精神だったのだけど、ぼくが何を喧伝しても、見たくないものは見たくないし、読みたくないものは読みたくない。そういうものだ。ムリヤリ読んでくれというのはハラスメントである。ひとつの記事に何かひっかかりを感じ、それをきっかけに過去の記事を読んでもらえるような記事を書けばいい。

毎日続くかはわかりませんが、「書くこと、賭けること」2年目もよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ