IMG_6727 - コピー

せっかく地元ではないところにいるのだから、顔バレを気にせずオフ会を開催することにした。集まったメンバーは何と一人。私、独り。当然である。

ということで、 今回はその模様をお届けしようと思う。

場所は関西、某所の焼き鳥屋。


「いらっしゃいませえ。カウンターにどうぞ」

寿、うなずき、カウンターに着席。まだ早い時間だというのに、店内は6割ほど埋まっている。

「お飲み物はどうしましょう」

「な、な、な、生中を」

一杯目、生中。ゴクゴク。ぷはあ。

関東では中生と言うことが多いが、関西では生中と言うことが多い。これは使えるトリビアである(苦笑)。

お通し ポテトサラダ ほんのり効いた黒胡椒。ジャガジャガしくて、よし。

串一本目 こころ(塩) ハツ、心臓である。うまし。

串二本目 ネギ間(タレ) 実にコクのあるネギである。よろし。

二杯目、生中。ぐびぐび。ぶはあ。うっし。

串三本目 モモ(塩)ジューシー。

四品目 ダシ巻き卵到着。

地元では甘い卵焼きが基本であり、ぼくは元来甘さが苦手な人間であり、したがって卵焼きという料理を外で食べることはまずなかったのだけど、関西でダシ巻きと出会ってからは、卵焼き大好き人間に一変したのでした。

三杯目、生中。ゴクゴクゴクゴク、ぬふう。

串四本目 皮(タレ)パリパリである。
 
寿(喋り役)「酔うテきましたナ」
寿(聞き役)「ホンマでんナ」

串五本目 砂ずり(塩) 関東でいう砂肝、鶏の胃。

四杯目 「三岳」オンザロックス。いわずとしれた屋久島の芋焼酎酒。比較的リーズナブルだったので頼む。

串六本目 牛ロース(塩)

寿(喋り役)「いやまあなんですナぁ」
寿(聞き役)「何やキミ、酔うとるやないか」

以下、喋り役、聞き役が入り乱れる。が、すべては脳内で行われたものである。

「このブログ、どうしよう?」
「どうしようってどういうこと? アドセンスのアカウント停止くらってやる気がなくなったってこと?」
「うーん」
「おまえの目的は商売なの? おまえの文章を使って?」
「うーん」
「金が目的やったん?」
「そういうわけではないねんけど、可能性がとざされると、なんかな」

五杯目 ゆずサワー(和歌山産ゆずリキュールの炭酸割り)。

「そもそもの話をしよう」
「うん」
「ブログをはじめた理由。初期衝動は何だって話」
「さみしさ。たぶん」
「それは解消された?」
「されない」

「今から怖い話するけど」
「うん」
「そのさみしさが根元からクリアされたとしたら、おまえは文章をそれ以上書けなくなる」
「どういうこと?」
「どうしておまえは文章で何かを伝える必要がある?」
「伝えたい何かがあるから」
「さみしいのは、それが伝わらないから。だろ?」
「……うん」
「もし、伝わってしまったら、どうなる? もう書く必要がない」
「……」

「結局のところ、誰にも伝わらないんだよ。というよりも、おまえの思っているとおりに伝わるなんてことはありえない。逆説的に、だからこそおまえは文章を書いているわけで」
「……」
「それでも、おまえの書いたこの文章を読んでくれてる人がいるんだろ?」
「たぶん」
「1月にブログを開設して以来、右肩上がりや言うとったやないか」
「うん。でも、実感はない。まったく」
「ないものねだりちゃうか」
「うーん」
「つらいなら休んだら?」
「……」

IMG_1851

週刊我評第三十七週「第一回『書くこと、賭けること』ひとりオフ会開催!」

六杯目 ゆずサワー(気に入ったらしい)。

「結局、『何がしたいか?』ではなく、『何ができるか?』でもなく、『何がしたいか?』と『何ができるか?』のバランスだと思うんだが」
「ん?」
「今のおまえに大勢を集客するコンテンツを用意することはできない。それは認めろ」
「うん」
「おまえが書いてるのはコンテンツではなく、或るひとつのムーブメントみたいなものだ。それは中身ではなくて、むしろ器だ。日本語の書き言葉という暫定的な形を借りた流動体だ。小説にしろ、稼働日記にしろ、エッセイにしろ、批評にしろ」
「うん」
「中身(コンテンツ)を充実させることを考えるのではなくて、おまえという器をどう広げるか、あるいは汚すか、焼くか、飾るか、盛るか、そういうことじゃねえの?」
「うん」
「そもそもおまえはブロガーじゃなくて小説家じゃねえのか」
「……そうだな」

七杯目 梅干ハイ(世界中で最も見た目があれなカクテル)

「つうかさ、齢34にもなって、こんな生活をしていて、ひっさびさにやって来た土地で遊んでくれる友だちがいるって幸せじゃね?」
「それは思う」
「今までは賞の下読みをしている人しか読んでくれなかったものを、まったくの赤の他人が1日100人くらい来て読んでくれるってすごいことじゃね?」
「それはマジで思う」
「とりあえず、そこからじゃね」
「うん」
「すべては現状認識からはじまる、だろ」
「そうだな。おれ、いいこと言うな」
「は?」
「笑」

〆に鳥雑炊を食べ(んまかった)、第一回オフ会、散会。

てなわけで、これからもがんばります!

どうか、ポチを。
 にほんブログ村 スロットブログへ 
人気ブログランキングへ