IMG_2179 - コピー


たぶん何歳になっても、抑えきれない衝動がある。

破壊衝動、性欲、食欲、睡眠欲、消費欲、脳内麻薬の分泌への衝動。


これらに簡単な公式 を与えることは可能だと思う。

行動×欲望=結果

ポイントは、個人の欲望はだいたいにおいて「マイナス」であるということだ。

何でオレがホリキタマキと付き合えないのだろう? という衝動から生まれる疑問には、一ミリの正当性もない。

他人がそんなことを言っているのを耳にすると、ほとんどの人間はこう言う。
「バカじゃねえ?」と。あるいは「アホちゃう?」と。

だから、そんな欲望に行動を乗じてしまうと、えらい結果が待っている。Go to Jailである。だからこの場合の模範解答は、行動を「0」にすること、つまり、何もしないということにある。
信仰は自由だ。が、行動には制限がある。それが人間の社会なのである。

残念なことに、恋愛もこれに近いところがある。

あいつ可愛いよな、と思うのは、個人の自由。しかし、あいつオレのことを好きになんねえかな、となると、話は別だ。

恋愛は双方向なのだ。

そんな恋愛の、素晴らしい奇跡を公式にすることも可能だと思う。

(行動×欲望)×(行動×欲望)=愛

そう、マイナスとマイナスが掛け合わさるとプラスに転ずる。

しかし欲望が愛に転じるのは稀有な例であり、たいていは欲望のせいで、自滅するのがオチ。
それがふたりならなおさらである。どちらかの人間の欲望が変質してしまうと、たちまちこうなってしまう。

(行動×欲望)×(行動×欲望)=憎

ほとんどソウルジェムと同じシステムである。

が、今のぼくは奇跡や魔法について語る口は持たない。
あくまで現実を見つめなければいけない。
それがパチ屋という空間で生きる人間の常識である。

欲望のままに行動するということは、ホールに入って目に付いた台に座って打ちはじめるということ。
負けるに決まっている。

スロッターはどうするか。当然、戦略を立てる。

ということで、戦略的観点から、ものごとをとらえてみよう。

戦略の前提は計算である。

しかし計算できないことはいくらだってある。

できないことはあきらめるしかない。どうやってあきらめるか。

ここでできるとすれば、逆転の発想、あきらめるための戦略だろう。

ハイゼンベルクが見出した「不確定性原理」という量子力学の原理がある。
ぼくは不等式に関する知識をさっぱり持ち合わせていないため、これを数学的観点、あるいは量子力学的観点から説明することは叶わない。
しかし、これを言語に落とし込んでみると、あちらを立てればこちらが立たず、ということである(と思う)。

より現代的な言葉で言えば無理ゲーである。

人間は一個の生命体であるから、ふたつの場所で同時に自分を展開させることはできない。無理なものは無理なのだ。

無知の知でもある。

そういうときどうするか。科学者でも数学者でもないぼくは、言語にして浄化するしかないように思う。

自分の衝動の中で、言語化できるものと、言語化できないものに分ける。言語化できるものは、言語によって鎮める。言語化できないものは、あきらめるクセをつける。

恥ずかしながら、いまだハーデスでGODを引けていない。でも、そのことを嘆いてもどうしようもないじゃないか。

言語とは、言うまでもなく、人類が作り出したファンタジーである。動物に言語はない。だから言語的な生活を送ることができない。

ぼくは動物である。けれど人間である。人間は自らの野性を理性で乗り越える生き物なのである。

さらば、ホリキタマキ。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ