P1020595

人間はすべて、「空気」「食料」「水」「睡眠」「生活空間」などの、中毒者である。


ダイオウグソクムシや、環境の変化さえなければ無限に自己増殖をつづけられる単細胞生物などの例外もあるけれど、少なくとも人間においては百パーセント、何かに依存して生きている。

何かの中毒になる、ということは、その何かに「魅力」があるからである。森巣博という賭博者(作家)も言っているが、まず、ここを押さえておかなければいけない。
タバコや酒や珈琲といった向精神薬でも脂身でも辛いものでもセックスでもランニングでもスピードでも文学でもギャンブルでも何でもそうだ。魅力があるのだ。「ああ、悪いものに手を出してしまった」と自分を卑下しても意味がない。魅力的なものだからこそ、依存してしまうのである。そして依存それじたいは、肉体の負担にならない限りはそれほど悪いものではない。前述した通り「空気」「食料」「水」「睡眠」などから逃れることは誰にもできないのだ。

長い間、パチンコ屋の中で過ごしていると、たまには悟ることもある。

痛感するのは、感情というものの扱いにくさである。負けたら負けただけ、腹が立ち、その分判断力は鈍り、やがて思考は停止する。

スロットを打つ。けっこうな確率で、負ける。負ける。負ければ負けるほど、打ちたい気持ちは募り、打ちたいという気持ちがさらなる負債を呼び起こす。
そんなぐるんぐるんの渦の中で、ある日、気づく。「打たない、という選択肢はないのだろうか?」と。

その瞬間、ぼくの頭の中で、何かが弾けた気がした。

「スラムダンク」の流川がパスを出すという選択肢を見つけたときにブレイクスルーが生まれたように、「リアル」の戸川清春がスリーポイントシュートを練習することによって相手との駆け引きに余裕が生まれたように。

ギャンブルにおける格言はたくさんあるが、「打たなければ負けない」というのは、疑いようのない事実。

話を戻す。
「依存」の何が悪いのか?
それは必ず「後悔」を連れてくることだ。

ぼくはメンタルが弱い。ああ、どうしてあんなことをしてしまったのか? という時間に、ぼくは耐えることができない。もうこんな感情はいらねえ、ぼくは本気でそう思った。

そのためにどうするか。ぼくはまず、そのものを目の前にして、我慢できるかどうかを試してみた。

我慢できないというのは、動物の本能である。その本能がある限り、我慢のきく人間には勝てない。

もちろん、我慢なんてできるわけがなかった。それでも、次のような問いかけを、口やかましい生活指導の先生のごとく毎回することで、少しずつ変化していったように思う。
「後悔はしないか?」
「本当に後悔はしないか?」
「後悔はしないのだな?」
言語化することによって、そういう心持が生まれることもあるのだ。

そして、どこかの地点で、唐突に悟った。
プロセスが違うのだ、と。
打つと決め、同時に「後悔はしない」という覚悟を決めるわけではないのだ。そんなややこしいことではないのだ。
「後悔はしない」と思ったときだけ打てばいいのだ。何だ。言葉にしてみると、簡単じゃないか。

ことここに至り、ぼくの心持は少し変わったように思う。たぶん。

「後悔はしないか?」と生活指導の先生が訊ねる。
「後悔はしない」とリトルハートが答える。

それでも後悔をしてしまうのだとしたら、それはきっと、「後悔」が好きなのだ。あきらめて、別の道を探すしかない。死に至る依存はなかなかないし、そこまで行ってしまったら、言語化とか心持とか言っている場合ではなく、病院に駆け込まなければいけない。

ぼくは後悔が耐えられなかった、だから後悔の残らないような行動を取るようになった。それでも後悔はする。するというよりも、台風のように時々訪れてしまう。
いったいどうすればいいんだろう? と途方に暮れる。

でも、どうしようもないのだ。

人生における格言はたくさんあるが、「時間は戻らない」というのは疑いようのない事実。

泣きたいときは、とりあえず風呂に入ってみる。体温が上がると、考えかたが変わったりする。それでもダメなら寝てみる。睡眠には脳内を整理する作用がきっとある。寝て起きて、まだつらいなら、外に出て走ってみる。もう無理、立てない、というくらい疲れたら、ややこしいことを考える余裕もなくなる。

地球上における法則はたくさんあるが、「やまない雨はない」というのも、疑いようのない事実である。

今現在、ぼくの一番の敵は「酒」を欲する自分ということになるだろうか。

実のところ、今回の旅行の目標はそれだった。ほどほどに酒を飲む。酒に呑まれるのではなく、酒を飲む。

そしてその試みは、おおむね成功したように思う。記憶はちゃんと全部残っている。

ということで、この成果を持って帰宅しよう。旅行、終了。待ってろ、パチ屋!



ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ