期待値オトコは期待値オトコ的にこう考えた。


キャバクラに期待値はない、と。

キャバクラの売りは当然女の子であり、その女の子に初めて来た客とマジメな恋愛をされたら商売にならないのである。

となると、キャバクラで働く女の子のする行動はひとつ、次回来てもらう、ということである。

メールアドレスの交換も、その微笑みも、優しさも全部。


と、頭ではそう思う。

横を見ると、露出度の極めて高い服を着た女性に対し、にやにやしつつもスロットの仕組みについてえらそうに講釈をたれるオカルトおとこがいる。

絶望的だ、と期待値オトコは思う。

キャバクラにおいて、おそらく期待値は変動する。客の身分によって、持ち金によって。ある特別な人間にだけ、たぶん期待値は存在するのだ。でも、おれらにはない。

このピラミッド型の世界において、おれらは底辺以下なのだ。


「何してる人ですか?」と言われ、思わず「学生です」と言ってしまった。

「そうなんですね。わたしもです」

「……」


その女性は20分ほどで違う席に移っていった。「気に入ったなら指名すれば」とオカルトおとこは言った。

できなかった。



次についた女性にまた「何をしてる人ですか?」と聞かれた。

思わず「海洋生物学者です」と言ってしまった。

「え、すごーい」と言われた。


この店に入って以来、期待値オトコはひっきりなしに安い焼酎の水割りを飲んでいる。完全に酔っ払っていた。ここは何をするところなのだっけ? よくわからなかった。


期待値オトコは知りもしない海洋生物学について、ぺらぺらと喋っている。ウソをついている自覚すらない。


イルカはね、コミュニケーションを取っているんです、と期待値オトコは言う。うんうん、と女性はあいづちを打ってくれる。それが心地よく、期待値オトコは適当なことをそれらしく喋っていく。


ああそうか、と期待値オトコは思う。博打において、ブラフというのは、期待値を上乗せする手段でもあるのか。これは使えるかもしれないな。


いやいや。それはただのウソである。捏造である。


オカルトおとこはにやにやしながら、聞かれてもいないスロットの話を喋り倒し、期待値オトコは経歴詐称の手ごたえを感じ、キャバクラの夜はふけていくのだった。


会計時、オカルトおとこは、たけえ、と言った。

自分のお金で来るのは無理だな、と期待値オトコは思った。


にほんブログ村 スロットブログへ
人気ブログランキングへ