IMG_2062
「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」東洲斎写楽

自分としては、何も悪いことをしていないはずなのに、状況が悪くなってしまうことが、人生に時折訪れる。


ぼくの場合、この文章を書いている今である。


書きかけの小説が遅々として進まない。

二ヶ月ばかりスロットがふるわない(昨日もバジリスク2で1262ゲーム目に強チェリーを引き、もしかしたら届いているかも、という期待を粉々に打ち砕く単発)。

体調が優れない。

寒い。


まあ、文章にしてみると大したことでもない。

こんなときは往々にして、今どん底だと思っているこの地点から、さらに下の世界があるものだ。その世界では、文章にできないくらいしんどいことが待っているのだろう(たとえば何が?)。


わからない。

が、備えあれば憂いなし。

ということで、備忘録から言葉を取り出してみる。



「起きていることはすべて正しい」 勝間和代


「前を向くしかなかった」 香川真司


「わたしは、今までに、一度も失敗をしたことがない。電球が光らないという発見を、今まで二万回したのだ」 トーマス・エジソン


「いや、今は野球のことなど考えている場合じゃない。老人は思う。今は、ただひとつのことだけを念じていなければならないのだ。そのためにおれが生まれてきた、ただひとつのことを」 老人



出典一覧 敬称略


勝間和代は新書のタイトル

香川真司はテレビのインタビュー

トーマス・エジソンはネットから

太字は「老人と海アーネスト・ヘミングウェイ


スランプの最終地点は絶望だと思う。

では、絶望とは何だろう? 
 

「絶望とは何だ」と野宮朋美は考える。彼は高校を中退し、プロバスケットボールプレイヤーを目指し、トライアウトを受けている。

そして、その最終審査、トップチームとの試合中、相手のポイントガード(野宮とポジションのかぶる、チームのエースである)に跳ね飛ばされ、コートにはいつくばって考える。「絶望ってのはあれだ」野宮朋美は思い出す。自分の運転したバイクが事故を起こし、後ろに乗せた女の子が投げ出され、半身不随になってしまったことを。「これは違う」野宮朋美は思う。「これは幸せって言うんだ」そして、野宮朋美は立ち上がるのである。


井上雄彦「リアル」11巻より


とにかく何かを考える余裕がある時点で、それは絶望ではないのかもしれない。
 

自分が特別ではなく、

自分がやっていることを、特別だと考える。寿


にほんブログ村 スロットブログへ banner
人気ブログランキングへ