書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

第二百十八話「七色雲海は勝利への架け橋。エアリアルラッシュからエアリアルバースト炸裂」

IMG_6659

精神と時の部屋での生活」の連載中ではあるけれど、箸休めとして、稼働日記をお届けします。

今月の勝率がなかなか上昇しない。
先月は台数制限で遠慮していたゾーン(モード)狙いをじゃんじゃんしてるからだな。

が、当日はまりをコンスタントに見つけるのは今や至難の業。
となると、立ち回りの軸は宵越し狙いになってくる。だがしかし昨今のホールは宵越し潰しに余念がなく、ランダムリセットを駆使することもしばしば。設定狙いで唯一お世話になっていたホールは半年ほど前に方針転換し、沈黙を保っている。
他にも設定を入れるホールを知っているには知っているが、数百人の並びに出かけるほどの気力(&知力体力時の運)はない。
前門のトラ、後門のオオカミ、どこもかしこもハイエナだらけ。

ど、どうしようもねえ。

続きを読む

精神と時の部屋での生活2「ひきこもる前に自己投資を」

IMG_5729

精神と時の部屋での生活1

小説を書くと決めた時点で、ぼくは退路を断つことにした。持っていたお金をほとんど全部使ってしまったのだった。
続きを読む

精神と時の部屋での生活1「ダイエットというギャンブルに挑む」

040 - コピー

精神と時の部屋の生活について

ぼくの肉体は、人生で一度だけ豊満になりかけたことがあった。
そのときは肝臓が年中フル稼働で(飲むことも仕事の一環だった)、しかも睡眠時間が少なく、仕事中はあまり食事を取らず、寝る直前に一気に取り、という生活を二年ほどしていた頃のことで、飲食に割いた金額が年収の2/3を超えるという、バブル期の日本のような狂乱状態であった。

が、ワケあって失職し、交友関係のほとんどがなくなり、泣きながら実家に出戻り、精神と時の部屋にこもり、涙も枯れ果て一念発起して、体を作り直そう、と思い立ったのだった。
続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で20年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
カテゴリー
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: