書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

第百六十三話「駿府の城では緊急対策会議(そして二ヶ月ぶりの絆フリーズ)」


IMG_5594

……家康は駿府の城に天海僧正をまねいて、秘室に対坐した。


続きを読む

週刊我評第二十六週「圧倒的不運を書くことのできる圧倒的幸運」


IMG_1851


愉快という言葉から数千マイル隔たった場所での一週間でした。

スロットで150kほど負けたり 

第百五十九話「むしろヒキ強」 第百六十二話「絶賛炎上中! どこが 財布が

顔なじみの飲み屋の店主と喧嘩したり

第百六十一話「人間関係なんてクソクラエだ

でも、これらは別に不幸ってわけでもないんですよね。
本当に不幸なのは、(不運な)出来事を、自己中心的に、「不幸」と決め付けてしまうことだと思います。

第百六十話「精神と不運の不幸な関係を断ち切るために

ぼくには書くことがある。それはとても幸運なことです。

第百五十八話「文体

コメントではえらそうに語ってますが(コメントがつくことが嬉しくて、つい筆が滑ってしまいます。800字という制限がなければ延々書いてしまうくらい。読みにくいですよね。すいません。以後気をつけます)、現在進行形で文体は変身中です。書く内容によって、見える世界の移り変わりによって、文体は死ぬまで変わり続けると思います。

十代や二十代の頃はさっぱりわかりませんでしたけど、ぶっちゃけ、不運と幸運って同じようなものなんですよね。長い目で見ると。

以前出した万枚が今のぼくを慰めてくれることは決してありませんが、北斗(初代)の推定設定六で負けた120kは今でもぼくの心を慰めてくれる(話のネタにもなりますし)。

不運は種となりて幸運を発芽させ、幸運は種となりて不運を発芽させる。

どっちもどっち。なぜなら人生は続くから。

「オブラディオブラダ」です。

ぼくがスロットに求めているのは、「持続可能性」です。150k負けは過程に過ぎません。人生は続いていきます。
300k負けるようなことがあれば、考え直したいと思いますが笑


↓あなたのところには決してつかないから押してほしいのねん。
 寿theグッドルッキングボンビー
 ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

 

第百六十二話「ただいま絶賛炎上中! どこが? 財布が」

73k負け 

川 ̄_ゝ ̄)ノ


続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で20年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: