書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

第十話「言いたいことを言えるこんな世の中は」

この間、携帯電話の料金プランを変更しに行った。


ぼくの隣には、ガラケーからスマホに変えようかな、どうしようかな、そんな相談をしているおばさんがいる。

「WiFiって知ってますか?」と若い店員が言った。

おばさんは、いいえ、と首を振る。

店員は困った顔をして、「ええと、どう、説明すれば、いいんだろう」と呟いた。「ええと、ですね、……ワイファイってほんとに知りませんか?」

「いいえ、知りません」とおばさんは返す。

「ええと……」


この人は携帯電話を売る資格がないな、と思った。

人に説明できないということは、自分が理解できていないことの完全な証明だからだ。

バイトだろうが正社員だろうが、専門店でものを売る以上、その道のプロのはずである。

たとえば八百屋に行って「この野菜って何ですか?」と聞かれ、答えられない八百屋の店主がいるとは思えない。

魚屋に行って「この鰤はどうやって食べたら美味しいですか?」と聞かれ、ええと、ちょっとわからないな、なんて答える魚屋さんはありえない。原則として、ものを売るすべての人間はそうでなければいけないはずだ(コンビニ、スーパー、キオスク、百貨店等のアルバイトは難しいだろうが)。


同じことがギャンブルにも言える。

百戦錬磨のギャンブラーがギャンブルで勝てるのは、ギャンブルをしているからではない。

主にさきほどの店員のような人がいるから、である。


だから件の店員のような職業意識のない人間を見ると、ちょっとだけ嬉しくなる。まだまだ世の中も捨てたものではない、と思う。 

プロだらけの世の中なんて、息が詰まります。
 

何が言いたいか。平和って最高! 言論の自由最高! ということ。

にほんブログ村 スロットブログへ
人気ブログランキングへ

第九話「また見つけた! 何を。自分を」

 
DSC_0303

今は昔、日本一周苦行の旅の途中。


整備不良で点数を取られた後(ぼくにとっては青天の霹靂だった)、若き警察官はこう言った。

「でも、いいなあ。僕もそういう自分探しみたいなことをしてみたいよ」と。




続きを読む

第八話「我、スランプに陥る」

創作につきものなのがスランプである。

ネタがねえ。

何も想い浮かばねえ。

そういうとき、職業作家の人はどうしているのだろうか?



続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で19年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: