書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

第十三話「スランプの続き」


IMG_1855

この穴にはまってしまったのはいつからだろう?


続きを読む

第十二話「メロンソーダは何の味?」

今は昔、朝からハナビ(初代)の設定6を打っていたときのこと。



続きを読む

第十一話「嘘」

DSCN1119

パチンコ屋までの道を歩いていると、横からばたばたと、せわしない様子の男女がぼくの眼前に現れた。後ろ姿から察するに、高校生以上社会人未満、横を向くとラブホテル。

女性はブラジャーの位置をもぞもぞ気にしながら、肩にかけたバッグの中からスマートフォンを取り出し話し出し、それがぼくの耳に入ってくる。

「あの、時間を間違えてまして、今、家を出たところなんです。すいません。はい、はい、そうです」
そう言いながら女は男に目配せし、男の横顔には笑みが浮かぶ。

「今向かっているところです。すぐ向かいます。はい、はい、すいません。失礼します」

世の中は多少の嘘でかろうじて回っているのかもしれない。この機械仕掛けの世の中は、真実だけではぎしぎし軋む。

カップルはまっすぐ進んで行った。ぼくは次の道を曲がった。

にほんブログ村 スロットブログへ banner
人気ブログランキングへ
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で19年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: