書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

第二百十六話「理想の期待値稼働とは」

IMG_6057

期待値稼働の理想とは、一筆書きである。

もちろん、朝一座った台で爆発し、2万枚突破!その日打った台、1台! というのが、現在のパチンコ屋におけるスロット稼働の最高形ではある。でも、そんなもん狙えるはずがない。配牌を無視して役満を(それもダブル)狙うのは超能力者だけであり、もし超能力があるのなら、宝くじを買ったほうが遥かに割が高い。

続きを読む

第二百十五話「スロッターは人見知り?」

IMG_5994 - コピー

ひとりで行動するスロッターは、人見知りが多いだろうと予想する。

なぜかと言えば、ぼくがそうだから。旅行先や酒を飲んでいるときは全然平気なのだけど(というか喋りまくる方だけれど)、ふだんのぼくは貝のように無口である。


続きを読む

第二百十四話「これが真瞳術チャンス本来の姿……」


IMG_6625
 
さて、九月一発目は何打とう。

目に入った台があった。
バジ絆 当日BC3スルー+前日BC3スルー  4~ 
4ゲームでやめられているということは、前に打ってた人が月の形を確認してやめたってことなのかな。

……ん?

これ、チャンス目じゃね? 


続きを読む
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で19年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: