書くこと、賭けること

どうもはじめまして。スロ小説家のブログです。

すべての書かれたもののうちで私が愛するのは、自分の血で書かれたものだけだ。
血で書け。そうすればきみは、血が精神であることを経験するだろう。

フリードリヒ・ニーチェ 永井均訳
「ツァラトゥストラはこう語った」
読むことと書くこと、より

週間我評第十週「雲を抜ければ光はある」

IMG_1991
続きを読む

第六十二話「趣味はパチスロです、という人に出会ったことはありますか?」

ぼくはない。

なぜだろう。やっぱりイメージだろうか。趣味はお金を捨てることです、みたいに聞こえるのだろうか。

そもそも趣味とはなんだろう。

そもそも「趣味はありますか?」「ありますよ」って会話は今も成立するんだろうか。

人と話すことが少なすぎてよくわからないな。

IMG_2012
「医師ガシェの肖像」フィンセント・ファン・ゴッホ

趣味か。

趣味って何だ?

広辞苑で引いてみる。

しゅ-み[趣味]

①感興をさそう状態。おもむき。あじわい。
②ものごとのあじわいを感じとる力。美的な感覚のもち方。このみ。
③専門家としてでなく、楽しみとしてする事柄。
④カントの用語。美的判断力の一つ。趣味判断。

ここでぼくの言っているのは③だろう。専門家としてでなく、楽しみとしてする事柄。

「趣味は何ですか?」と誰かに聞かれたとする。何て答えようか。

続きを読む

第六十一話「この頃少し変よ」

スロットを打っていると、予期せぬところで高設定らしき台を拾うということが、極マレにある。

というか、期待値を狙った台がたまたま高設定(確定演出が出るだとか)というのが、最もお気楽な設定拾いだと個人的には思っている。狙いでなく拾いという点に留意いただきたい。

ということで、サラリーマン風の男性がボーナス終わりでいそいそとやめていった台を打ってみて、天国内で解除。その後のcz及びクエストへの移行率がよかったので、気分転換も兼ねてそのまま設定狙いに移行したというパターン。

相手はモンハン、エンターライズver.である。

IMG_3104

正直、設定狙いというよりも、後学のために200のゾーン(フロムサイトセブン)が終わるであろう300までは無条件に追おうと思い、あれよあれよと初当たりモンスターボーナスが11回。 大きく出ないけど数珠連が続くというthe高設定のスロットっぽい展開を堪能。 で、閉店三時間前330ゲームやめ。 褒められた立ち回りではないかもしれない。

ただ、運でしか勝てないのが今のスロットだからさ(マジで)。

にほんブログ村 スロットブログへ
人気ブログランキングへ
作者 寿
にほんブログ村 スロットブログへ
ふと思う。スロ歴ってどれくらいなんだろう? 今年で19年? そんな経つ? ピーいれたいね。スロットばっか打ってるわけじゃなくて、普段は小説書いてんすよ。ちっとも売れないけどね。つうか売ってないしね。けどこのブログだと読めんすよ。フォウ!

ブログポリシー「my rights sometimes samurai!」
当ブログは、寿という人でなしが小説を書くなかで、
また、スロットを打つなかで、
はみ出たものを一所懸命につづったものです。
基本的に毎日更新してはいますが、
毎朝グビグビ飲めるというほどあっさりした、
また、健康的な文章ではありません。
油ギトギトのラーメンというほどではないと思いますが、
胸焼け、食あたりを起こす可能性がある由、ご留意くださいますよう。

また、コメントは大歓迎です。
引用ももちろん大歓迎ですが、引用元の記事を明記していただけると幸いです。
それでは今日もはりきって行きましょう! どこへ? パチンコ屋へ。
カテゴリー
RSSの登録はこちら
Subscribe with livedoor Reader
1日1回のポチを。
血がたぎります。

にほんブログ村 スロットブログへ

banner
人気ブログランキングへ
メッセージ

名前
メール
本文
連絡先 kakukotokakerukoto@@yahoo.co.jp @をひとつ消してくださいませ。
参考ブログor相互リンク先更新状況
相互リンクについて
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計: